カレンダー

« 2017年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

どこまで太って(肥満)いいのスーツ?

|
三瓶 太ったり痩せたりというのは、ある程度仕方のないものだとは思うのですが、ここ数年の肥満気味な体型にスーツのサイズの微調整を検討中です。。体型に変化のない人は、ほんとうらやましいです。「ちょい悪オヤジ」でいっせいを風靡したファッション雑誌「レオン」のモデルなど、髪の毛の薄い人は多いですし、おまけに体型的にも決してスマートとは言えない方も。外人のモデルさんが着ているスーツだから・・、髭も生えてるし・・、ということもあると思うのですが、やっぱり自信をもって堂々と着こなしている感のあるところが一番かっこ良いのではと思ってしまいます。今までの体型をなんとか維持したい、しかし微調整をしたほうが楽になれる、この葛藤が常に。「スーツのサイズを大きくしたらきっと、それに合わせて体型も成長してしまう」、「レオンのモデルのように、堂々と体型を楽しもうじゃないか・・」「太り気味だからこそ似合うスーツのシルエットだってある」「いや、まだ早い、太りやすい体質にそんな甘い言葉は禁物だ・・」と、結局ダイエットに励むことになるのですが、これもなかなか。スーツのサイズに自分の体型を合わせるのも、ある意味理想的な体型を維持するのに必要なこと。今のスーツのウエストがきつくなってきたら要注意の黄色信号点滅のつもりで、食事制限、適度な運動を心がける・・、それができていれば、と思ってしまいます^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2011年5月15日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丸刈り、坊主頭に合わせるスーツ」です。

次のブログ記事は「超人ハルク的タイトスーツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01