カレンダー

« 2018年6月123456789101112131415161718192021222324252627282930

かっこ良いデザインのシャツを着てみた

|
トレボットーニのシャツ ボタンダウンのシャツはビジネススーツ的には、どちらかといえばスポーティーでカジュアル色なアイテムなので、今までお仕事用カッターシャツに着たことがないですし、また、前立てフロント上部の釦が2個付きというドゥエボットーニ(3個だとトレボットーニ)も、ネクタイとの相性は悪そうなのでこれもないです^^
手元に届くまで正直なところ心配だったのが、超タイトタイプの表示を見落としてしまっていたこと・・。スーツショップ店長にありえないウカツさですね。。シャツは首回りで回り寸法の全てが決まってしまい、あとはユキ丈を選ぶだけと気軽に思っていたのが間違いのもとで、大丈夫だろうか・・と急に心配に。。着てしまえばどうということはなく、ゆとり量の範囲内で、前釦もしっかりしめれたときにはホッとしました^^
ただ、若干ユキ丈が長いのでそれは調整する必要がありそうでした。。身体に密着度の高いシャツのサイズがわずかに6~7サイズというのは、オーダースーツ店としては神がかり的な印象。ユキ丈調整有料+¥1575も自前で調整する予定です。。
肝心の生地は、時期的なものなのか厚地で光沢感のある高級イタリア素材風のもので、同じ素材でオーダーしたら1枚3万ぐらいは取られそうな風合いのものですが、素材そのものはコックの制服的綿素材に近いもの。但し、見た目は一見、高そうにみえます^^ 海外に生産拠点を持つ大量生産だからできる凝ったデザインのローコスト化はオーダーには真似のできないところ。かっこ良いデザインの良い勉強になりました^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2011年11月22日 07:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャツの衿型はボタンダウン、見ているうちにドゥエボットーニ」です。

次のブログ記事は「股上寸法をオーダーパンツで調整してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01