カレンダー

« 2018年6月123456789101112131415161718192021222324252627282930

カフリンクスをジャケパンスタイルの袖からのぞかせる

|
ゴム製カフリンクス 伝統的なカフリンクスはチェーン式のもので、その装いはあくまでもドレッシーなもの。ダークスーツに白のフレンチカフス(ダブルカフス)のシャツ、ネクタイも光沢感のあるシルバーのソリッドタイをあわせ、おめでたい席や、パーティー会場など用のコーディネート。袖口を折り返し、釦穴4つをカフリンクスで止めるフレンチカフスとした白無地のシャツなどは、お祝い専用のシャツとして1枚あるととても便利かも知れません。。
チェーン式のカフリンクスは2つの宝石・貴金属などをチェーンで結んだものを、それぞれの釦穴に通して止めるものですが、簡易式といわれるものは、装飾用の宝石・貴金属が1つのみで、脱着用の金具を取り付けられたものになります。。市販品ではどちらかといえば、こちらのほうがポピュラーで、一般的なものかも知れませんね。。
どちらもドレスアップの袖口には欠かせないものですが、若干のリラックス感を漂わせ春夏のテーラードなジャケパンスタイルの袖口からのぞかせるには、宝石・貴金属のカフスボタンではなく、ゴム製カフスというものがおススメです。。素材がゴム(ラバー)なので、その脱着はとても楽ですし、遊び心満載の商品群もなかなか魅力的です。。また、衿腰高めのノーネクタイにも相性が良さそうです。。
他にカフリンクス的なアイテムには、カフカバーという、シングルカフスのシャツ袖釦にかぶせるだけで、アフターファイブをよりお洒落に過ごせてしまうという便利なものもあります。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2012年2月28日 10:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全年齢に対応できるオーソドックスなレギュラースーツ」です。

次のブログ記事は「ネクタイにシミをつけてしまった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01