カレンダー

« 2018年8月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

タイトスーツ+クラシコタイプのラペルのジャケットの肩線

|
IMG_8096.JPG 昔からメンズに好まれるスーツといえば、男性らしい豊かなバストが立体的に構築されたシルエットで、肩巾もゆったりめ。「大きな顔よりは小顔のほうが、見映えが良い・・」、という時期などは更にその傾向が強かったと思います^^
現在は、よりタイトにということなので、肩幅も狭く、バストのゆとり量もできるだけ少なくというジャケットシルエットがコンセプトなタイトスーツが相変わらず強い人気です。。こういったタイトめなスーツは、一般的にビジネスでご着用いただくことが多いブリティッシュスーツクラシコスーツよりも、もともと肩パッドや芯地なども薄いものが入っているので、ちょっと気になりだした「ちょい悪オヤジ」希望の紳士の方も、ご注文いただく際には、「いつもより肩巾を1cm程度狭く・・、半胴でも1cm程度タイトに・・」とご指定いただいても、ご心配になる方が多いご着用感もあまり変わることはありませんよ。。
また、肩パッドは形良いスーツを仕立てる上での大事な付属となるため、オーダーフォーム内ではその厚さの調整についてご案内していないのですが、一般的な体型補正のための肩パッド調整のほか、カジュアルジャケットなどをより気軽に羽織りたいためのアンコン仕立て。肩パッドなしというご指定にも対応させていただけます。。
サンプルのジャケットは、Ex-madeライン・タイトスーツ・クラシコタイプラペルのもの。Ex-madeラインのタイトスーツには、このクラシコとナロー(狭い)タイプの2種類がありますが、ジャケットの寸法はどちらも同じ。衿型のみが異なります。。
このハリスツイードのようなカジュアル素材で仕立てたジャケットなどには、肩パッドなしのアンコン仕立ては比較的相性の良いものだと思いますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2012年12月13日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハリスツイードで仕立てる最上ウォームビズなパンツ」です。

次のブログ記事は「オーダースーツで生地選び」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01