カレンダー

« 2013年6月 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013年6月アーカイブ

リネン・アメリカントラディショナルモデルのスーツ スーツのシルエットを見るときに大事なデザインとなるジャケットのショルダーライン(肩線)。Pitty Savile Rowでご提案させていただいているビジネススーツの中でも人気の高いクラシコスーツの肩線はセミナチュラルショルダー、ブリティッシュスーツは肩先が高く構築されたビルドアップショルダーが特徴的です。。
タイトスーツはとにかく肩巾も狭く仕立てるうえ、他のジャケットシルエットに比べゆとり量が少ないため、肩パッドを薄く、ジャケットの芯地・付属も少なくという傾向です。。タイトめなスーツはやはりかっこ良く見えますので、ここが考えどころ。。春夏にはジャケットもできるだけ軽く・涼しく・快適な着心地で・・というところから、ナポリ・クラシコ仕様のアンコンジャケットは、ほぼ定着した感がある一方、店長的にはオーダースーツらしくもう一歩すすめたところで、アメリカントラディショナルモデルのスーツをおススメしたいところです。。
アメトラスーツは、好きな方にはとても根強い人気のあるジャケットシルエット。アイビースーツと混同されがちなところもありますが、アイビーリーグモデルのスーツの原型という位置づけで、「Ⅰ型スーツ」とか「ナンバーワンサックスーツ」と呼ばれています。 特徴的なドロップショルダーは、一般的なジャケットのショルダーポイント(肩点)よりも肩先を落として仕立てるために「丸肩」ともいわれる優しい肩線。
ウエストを絞るためのフロントダーツを入れないご指定で、ボックスシルエットをより強調したアメトラスーツとしていただくことも対応させていただけます。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
パンツのバックストラップ スーツにカジュアル化の傾向がすすみだしたのは、ずいぶん古く、伝統的スーツスタイルに多くのデザインを組み合わせたり、スーツ生地そのものもテキスタイルデザイナーが意匠を凝らした服地、夏ならコットンリネンなどのカジュアル素材、秋冬シーズンならハリスツイードフラノコーデュロイなど、用いられる素材もいろいろです。。
反面、英国調スーツに注目が集まったり、相変わらずのクラシコスーツ人気など、クラシック回帰の傾向もあったりして、お仕事用やカジュアル用を含めて、ドレスコードが少し緩やかになっている現在は、着たいものが着れるというところかも知れません。。
店前を通るお昼休みのビジネスマンを見ていると、上はノーネクタイのシャツにパンツはネイビーやグレーの無地もしくは遠めでほぼ無地に見えるものが多いようで、オーダースーツ店の店主がいうと、えへへな感じになってしまって申し訳ないのですが、正直なところあまりかっこ良いとはいえない感じ^^昔の感覚でいうと、スラックスのみで着用する場合には、ストライプ柄はスーツのパンツを履いていると思われるので、敬遠したほうが良い・・ということなのか、あまりお仕事で軽めな衣服を着ることができなさそうな人ほど、ネイビー・グレーパンツ+まじめなカッターシャツスタイル。はじめからオッドパンツなら、せめてストライプ柄パンツでもあまり大柄でないものなら選択肢のひとつに加えても・・と思ってしまいました。。
比較的衣服に自由度の高い環境でお仕事をされている方には、アイビーパンツのデザインとして特徴的な、バックストラップ(尾錠)や、後ろ釦止めの穴かがり糸を色糸指定や、画像ではポケット口の下側のみ(下玉縁)となっている玉縁(パイピング)ベルト通しとなるループを別布で作るなど。オーダーパンツでも、持ち出しや後ろポケットに使われる釦をご指定ということにも対応させていただけます。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

夏に仕立てるフォーマルスーツ

|
IMG_9212.JPG フォーマルスーツはご年齢や、ご使用頻度などに応じ、シーズンによってご用意いただく時期的に着分ける礼服の種類が増えていく方が多いアイテム。
若い頃には着る機会も少ないため、慶事には発色もよく光沢感のあるスーツ、仏事に使ういわゆるインフォーマル(略礼服)ブラックスーツは、できるだけ長いシーズンを通して着用できるオールシーズンタイプのものを選ぶことが多いようです。次第に、いろいろな席に呼ばれることが多くなり、年によってはちょうど合服的なシーズンにイベントが重なったり、時期的に機会のなかった盛夏時に予定が入るなど、オールシーズン用フォーマルスーツのみ、1着なら秋冬フォーマルから始まったフォーマルスーツも、礼服はご着用期間も長いため、徐々にタンスの中に着数が増えていく感じです。。
Pitty Savile Rowでただいまご案内させていただいている「礼服まつり」。パンツウエストの調整を±4cmでさせていただくことができる脇のアジャスターというオプションを無料サービス中。。お仕立て上がり価格もなかなかのお買い得感です。。
夏の高級フォーマル服地に混紡されるモヘアはモヘア山羊の毛から作られており、その特徴は通気性が良く、見た目に金属的な光沢感があるため涼しげ。ウールに比べ繊維が太めなので、織り上がりにざっくり感があります。ご用意させていただいたフォーマル服地の中には、盛夏に特化した着物でいう絽や紗のような透け感のあるシャリック調極薄生地、タイトめなスーツに着心地感の良いストレッチ服地、モヘア混紡率50~60%となる英国ベックサイドの最高級ともいって良いフォーマル服地など。
おススメなのが、生地在庫数から更にお求め安い「大同毛織 ROYAL TOWN」は、モヘア混、梅雨時にはうれしい撥水加工、黒生地に目立つほこりをよせつけない静電気防止加工、黒さの引き立つ深色加工付き。
夏専用のフォーマルスーツとしてお仕立ていただく場合には、ナポリクラシコアンコン仕立てというのも、いまどきフォーマルには選択肢のひとつです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ネイビーグレンチェック+オーバープレイドジャケット クールビズ傾向なお仕事の現場で、お仕立ていただくスーツにおススメなのが舶来服地など品質の良い生地で仕立てるダークスーツ。このダークスーツは大事なお客様との商談や、ご出張など、気合の入った本気モードのいわゆる勝負服。Pitty Savile Rowでお仕立ていただく本格オーダースーツの中でも、縫製ラインを問わず、ビジネス仕様のクラシコスーツや、ブリティッシュスーツレギュラースーツなどしっかりと芯地・付属、パッドなども入れたコンストラクティブなスーツで仕立てます。。
7~8月の盛夏に向けては、ジャケット+スラックス。ジャケット1~2着に対して、パンツ数本の組み合わせでコーディネートするジャケパンスタイルは、どうしもパンツ単品で過ごす機会も多いこの夏の暑い時期を視野に入れたもの。オーダースーツ店の店長さん的には、オーダーパンツをお仕立ていただく生地は少し奮発していただき、同じ濃紺無地、チャコールグレー無地でも仕立て映えのする良いカノニコなど良い生地でお仕立ていただくビジネスパンツをおススメしたいところです。。
9~10月のまたジャケットが欲しくなる時期に向けて、かつパンツのみで過ごす夏用パンツも兼用で仕立ててしまおうという方には、ジャケット+パンツ2本でお仕立ていただく2パンツスーツも生地の色柄の選び方の工夫次第。。グレンチェックオーバープレイドが入っていたり、無地系で仕立てます。。
また、この時期のジャケットは、少し遊び心をもって、腰ポケットにアウトポケットや、 胸ポケットまでアウトポケットなど、カジュアルジャケット感覚を取り入れてみたいです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


インターネット広告サービス トランスコスモス

インターネット広告は業界トップクラスのトランスコスモス。インターネット広告企業として、あらゆるメディアの中からクリエイティブ制作から効果測定まで幅広くサポートします。

販売支援サービス トランスコスモス

販売支援をリアルとデジタルのマーケティングを駆使しご提供。販売支援をお客様企業に最適な販売プロセスを構築・サポートすることで、売上アップを実現します。

データ入力サービスならトランスコスモス

データ入力・データエントリー、大量の顧客データを、素早く、確実に、高いコストパフォーマンスで一括処理。データ入力は個人情報保護と内部統制の時代になくてはならないサービスです。

CAD派遣サービス トランスコスモス

CAD派遣はものづくりや建築の設計に欠かすことのできないCADシステムを一括サポート。CAD派遣システムの専用サポートデスクを開設し、お客様企業各拠点からの問い合わせに一括して対応。

MovableType(MT) 4.1 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01