カレンダー

« 2013年11月 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013年11月アーカイブ

貝釦・革釦・ナット釦 良いスーツだと感じられる一番印象の強いものは、やはり生地の良さやそのスーツがきっちりと体型に合った寸法で作られているもの、というところだと思うのですが、次にはスーツに使われている副資材、特にボタンや裏地は目に付くことが多いです。 若い人向きにかっこ良くタイトに作られているプレタスーツもよく見ると、それぞれの部品は安っぽかったりすることが多く、少し良いものを探すと、価格ははねあがります。。 Pitty Savile Rowお仕立ていただくスーツ・ジャケットに標準セットされるボタンや裏地も、充分品質が良いものとなりますが、本水牛釦(リアルホーン釦)をはじめ、天然素材を用いた高級釦には、その存在感の強さから、ご着用スーツやジャケットの雰囲気を変えたり、価値を高めてくれる力があります。。 この秋冬シーズンより当店では、Ex-madeラインでご利用いただくことができるオプション釦に「貝釦(シェル釦)」「革釦」「ナット釦」を追加、カスタムラインでは今回追加のものは既にご利用をいただけていますが、「貝釦」を新たに加わりました。 「革釦」は特にハリスツイードジャケットドネガルツイードジャケットなどととても相性が良いのでおススメ。。Ex-made「貝釦」SH01~04のうち、釦に縁の見えるSH01・02は「表使い」、平面に見えるSH03・04は、同じ釦を「裏使い」でお付けします。「貝釦」はオプション釦の中でも特別高額な印象があり、特に店長経験としての一番はじめの出会いが、シルクサッカーのジャケットに付けられたぐっと高価なイメージがそのまま残っていたのですが、先日見かけたスーツに付けられている「貝釦」の感じがとても良かったため、ご案内させていただくようになりました^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

秋冬スーツ生地の傾向と選び方

|
グレーフランネルジャケット 夏が終わるとすぐ、ハリスツイードドネガルツイードなどについてのお問い合わせが多くあり、ジャケットやスーツについての関心は、急に高くなってくる一方で、スーツはできれば一年を通して着用できるものを選びたい方も。。
オールシーズンにご着用いただくための生地は、織りや厚み、なかにはハイテク機能などをおりこみ、どのシーズンにも適するための工夫がされていますが、日本のような四季の区別のはっきりした気候にはどこかの部分で、若干のガマンが必要です。。
現在の秋冬スーツの傾向は、暖冬傾向から春先までご着用いただくことができる比較的薄手な服地が多く、Pitty Savile Rowでも人気の服地、カノニコSuper110'sのようにSuper表示されるほどの細糸で織られたものが主流。ビジネススーツに求められる耐久性と、これもスーツに求められることが多いステータス性に必須の適度な光沢感にも、Super100's~Super120's程度が最適です。。
また、カジュアルスーツにもお仕事用にも注目されているのが、フランネルサキソニーといった紡毛系の服地。本来フランネルは、羊毛のなかでも短い繊維を集めて製織された厚地で重く起毛感のある織物ですが、現在人気のフランネルやサキソニーは、Super100's~Super120'sの細糸をフラノタッチに仕上げた梳毛フラノといわれるもののため、同様の毛羽立ち感が暖かく、やわらかな手ざわりと光沢感、軽めの目付けが特徴的。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードランが名古屋でも開催

|
ツイードラン名古屋 2009年からイギリス・ロンドンで開催されているツイードラン。ファッション雑誌にも取り上げられることが多い、このイベントは、自転車を安全に健康的に、しかもツイード服を着てファッショナブルな着こなしで楽しもうという、アパレルや自転車関連メーカーがスポンサーとなっているもの。
ニューヨーク、フィレンツェ、カナダ(ビクトリア)、シドニーなど世界各国で行われているツイードラン。日本では東京、大阪で開催されてきたのですが、今年は名古屋でも初開催。開催日は2013年10月26日(土)と、記憶にも新しい台風27号が心配されたにもかかわらず当日のお天気は良く、無事開催されました。
参加者のなかには、Pitty Savile Rowでもお仕立ていただくことができるハリスツイードドネガルツイードをベスト付きスリーピースなどに仕立て、きっちりと身を固めた方が、ライトがろうそく仕様のアンティーク自転車に乗ってという、目立つスタイルの方もいれば、軽めにたとえばベストやジャケット、アクセサリーなどツイード素材のものを装いアイテムの中に1点取り入れた方など、公式ホームページのドレスコードにも「ジャケット、ベスト、パンツ、アクセサリーなどでツイード素材を身につけること」とあります。
参加費5000円、軽食などがつきスナップ写真なども公式ページに掲載されることもあるらしいので、ずいぶん楽しそうです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
オーダースラックス 11月になりました。。5月からはじまったクールビズが終わって振り返ってみると、やはり長かった感じです。。オーダースーツ店的に言わせていただくと、静岡あたりでも始めと終わりの5月、10月は肌寒く、シャツのみでなんとか過ごすことができる限界シーズンのため、前後の1~2ヶ月程度は削っていただきたいところです。。
しかし、お仕事環境によってはこの施策のために濃紺やグレイばかりのビジネススーツ一色から、アイテム、色柄とも豊富になり、春夏シーズンだけでなく、秋冬シーズンにもその傾向があるようです。。その分、パンツの重要度が増しています。
今回、秋冬用のスラックス生地として、ご案内させていただきましたのが、フランネルとサキソニーの2種類。スーツやジャケット用としても掲載がある生地のうち、オッドパンツとしておススメな無地系やハウンドトゥース、チェック柄など限定、パンツ特別価格として少しお値引きさせていただいています。。
よくお問い合わせいただくのが、フランネルサキソニーとの違い。どちらも毛羽立ち感があり、肌さわりが暖かな点は同じですが、生地が若干薄手で、織りめがうっすら見える程度の起毛感のものを、サキソニーとしています。オーダースーツ店によっては、どちらもフランネルと言っているところもあるかも知れません。。
今年のトレンドが、引き続きクラシックな傾向から、英国調。色は特に「ブリティッシュ・グリーン」と言われるようにイギリス人がグリーンを好むことから、グリーンが注目色。茶系、グレイ系、紺系ジャケットとも相性が良さそうです。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


インターネット広告サービス トランスコスモス

インターネット広告は業界トップクラスのトランスコスモス。インターネット広告企業として、あらゆるメディアの中からクリエイティブ制作から効果測定まで幅広くサポートします。

販売支援サービス トランスコスモス

販売支援をリアルとデジタルのマーケティングを駆使しご提供。販売支援をお客様企業に最適な販売プロセスを構築・サポートすることで、売上アップを実現します。

データ入力サービスならトランスコスモス

データ入力・データエントリー、大量の顧客データを、素早く、確実に、高いコストパフォーマンスで一括処理。データ入力は個人情報保護と内部統制の時代になくてはならないサービスです。

CAD派遣サービス トランスコスモス

CAD派遣はものづくりや建築の設計に欠かすことのできないCADシステムを一括サポート。CAD派遣システムの専用サポートデスクを開設し、お客様企業各拠点からの問い合わせに一括して対応。

MovableType(MT) 4.1 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01