カレンダー

« 2017年7月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ハリスツイードの最近のブログ記事

グレー無地ツイード|ロングジャケット

|
グレー無地ツイード|ロングジャケット Ex-madeラインタイト・クラシコタイプラペルジャケットを基本に着丈を長めに作ったツイードロングジャケット。店長がこの秋冬シーズンに新調した1着は、ウエストを頑張って絞り、そして裾にかけてフレアを精一杯の入れてみたもの。付けられているボタンは普段こんなぜいたくはしないのですが、発注間違いをしてしまった余り物のボタンがあったために、それを付けてみました。
この太ももから膝上にかけて暖かなジャケットと、これもツイードで作ったオッドベストを着て会社に出勤し、ジャケットを脱いだベスト姿で一生懸命働くというのがここ数日の店長の毎日です^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ピーチスキンな人工皮革エクセーヌで衿タブやエルボーパッチ エクセーヌは東レが開発したスエード調、ピーチスキンの肌触りがなめらかで暖かく、しわになりにくく通気も良いという人工皮革。
このエクセーヌでジャケットスラックス、スカートなどを仕立てることもあるのですが、Pitty Savile Rowでは、オーダーでお仕立ていただくジャケットの「衿タブ」や、「エルボーパッチ(肘当て)」、ハンティングジャケットの銃の台座を支える名残となる「ガンパッチ(肩当て)」として、ハリスツイードなどツイード生地や、フランネルの表生地の色に合わせたオプションとして人気があります。。
ただいま、ご用意させていただいておりますエクセーヌは(01)ブラック、(02)チャコールグレー、(03)ネイビー、(04)チョコレート、(05)ダークオレンジ、(06)ベージュ、(07)ライトグレー、(08)グレーホワイト、(09)ミントグリーンの9色。
例えば、茶系のツイードジャケットのエルボーパッチには、同系色のチョコレート、ダークオレンジ、ベージュなどの中からお選びいただくと相性が良く、また、衿タブ、ガンパッチなどを同時にお付けいただく場合には、同じ種類のものをお選びいただいたほうが落ち着きます。。
ご指定いただく際には、オーダーフォーム備考欄または別途メールで(01)~(09)の色番号をご指定下さい。。「エルボーパッチ」は共生地で¥2000(+税)、エクセーヌご使用で¥3000(+税)、「衿タブ」は共生地で¥1000(+税)、エクセーヌご使用で¥1500(+税)でご対応可です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
人気のツイード生地でジャケットを仕立てる 秋冬のカジュアルに向いた服地として人気の高いのがざっくりとした織り感と、かためな生地の手触りが素朴であたたかな安心感を見る人にも、着る人にも与えてくれるツイード服地
Pitty Savile Rowでは、このツイード服地の中でも、もっとも知名度が高く、数多くの人に長く愛されているハリスツイードを毎秋冬シーズンのご注目商品として、今年もジャケットお仕立て上り価格¥37500~(+税)の特別価格でご奉仕中です。。
また、アイリッシュツイードの代名詞とされるドネガルツイードからは、1866年北アイルランド・ドニゴールで創業したマギー社製・ドネガルツイードをご用意。。生後5~6ヶ月程度の子羊の羊毛(ラムウール)を用いて織られたホームスパンヘリンボーンシェパードチェックガンクラブチェックは、色柄の豊富さとその耐久性には高い評価がされており、目付け660gのヘビー級な服地には強い存在感があります。
ホーランド&シェリーのツイード生地、英国伝統のツイード服地コレクションとなるシェリーツイード。このシェリーツイードは10月末まで特別価格¥47800(+税)でご奉仕中!!今シーズンは明るめなトレンドカラーを中心に色柄が多彩です。。
色柄5点限定・エイブラハムムーンは、ジャケットお仕立て上り¥32000です!! ハリスツイードドネガルツイードのお仕上がりサンプルはこちらからもご確認いただけます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードランが名古屋でも開催

|
ツイードラン名古屋 2009年からイギリス・ロンドンで開催されているツイードラン。ファッション雑誌にも取り上げられることが多い、このイベントは、自転車を安全に健康的に、しかもツイード服を着てファッショナブルな着こなしで楽しもうという、アパレルや自転車関連メーカーがスポンサーとなっているもの。
ニューヨーク、フィレンツェ、カナダ(ビクトリア)、シドニーなど世界各国で行われているツイードラン。日本では東京、大阪で開催されてきたのですが、今年は名古屋でも初開催。開催日は2013年10月26日(土)と、記憶にも新しい台風27号が心配されたにもかかわらず当日のお天気は良く、無事開催されました。
参加者のなかには、Pitty Savile Rowでもお仕立ていただくことができるハリスツイードドネガルツイードをベスト付きスリーピースなどに仕立て、きっちりと身を固めた方が、ライトがろうそく仕様のアンティーク自転車に乗ってという、目立つスタイルの方もいれば、軽めにたとえばベストやジャケット、アクセサリーなどツイード素材のものを装いアイテムの中に1点取り入れた方など、公式ホームページのドレスコードにも「ジャケット、ベスト、パンツ、アクセサリーなどでツイード素材を身につけること」とあります。
参加費5000円、軽食などがつきスナップ写真なども公式ページに掲載されることもあるらしいので、ずいぶん楽しそうです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ツイードラン(The Tweed Run)

|
twt-610x860.jpg ツイードランは、2009年にイギリスのロンドンから始まった、ツイードをドレスコードにおしゃれ好きが集まり、自転車に乗って安全走行を広めようという企業参加型のファッションイベント。自転車ブームに平行して交通ルール遵守、モラルの向上と、ファッション産業の活性化につなげようといのが目的です。。
このツイードランは、現在発祥の地ロンドンをはじめとし、アメリカ(ニューヨーク)、カナダ(ビクトリア)、オーストラリア(シドニー)、イタリア(フィレンツェ)など、世界各国で開催され、2011年2月には大阪で「ツイードラン大阪」、今年2012年10月には東京でも「ツイードラン東京」開催されるようになりました。。
オーダースーツで、ハリスツイードドネガルツイードをはじめツイード生地を多く扱っているにもかかわらず、このツイードランというイベントを知ったのはつい先日。しかもツイードラン東京よりも先に大阪で1年先に開催されていたというのはちょっと不思議な感じでした。。静岡のようなイナカに住んでいますので、ネット社会になっても情報が遅いのは・・というよりも、勉強不足にアセリさえ覚えてしまったほど^^
ツイードランのイベントに写っている人たちのツイードを見ると、やはりツイードといえば茶系が多いのか・・と思えるほどの茶系のジャケットを着ている方が多く、同じくツイード素材のハンチングをかぶっている人も多く見えます。口ひげをヒゲ先で巻いたカイゼルひげを、マジックで書いてる人が数名いらしたのは、考えることはみな同じということでしょうか。。
ツイード生地は、エルボーパッチガンパッチ背バンドなどを付けて、狩猟用や、サイクリングなどスポーツ用に使われていたカジュアル素材。。現在の生活の一部としてツイードジャケット、スーツなどを取り入れるとすれば、やはり自転車に乗って自転車通勤というのが一番自然なのではないかと思いました。。10キロも自転車でこぐのは大変ですが、4~5キロの通勤圏内をハリスツイードジャケットなど、暖かくかっこ良く着こなしてお仕事場へ・・、というのはちょっと優雅すぎるかも知れません^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
IMG_7961.JPG ハリスツイードといえばジャケットというのが、スーツを扱う店長でなくともまず、ピンと思いつくキーワード。。素朴で自然な風合いをもつハリスツイードの生地は、強い冷たい風にさらされるアイルランドの漁師さんが実用的な防寒用として用いていた素材なので、その暖かさは申し分がなく、差し毛(上毛)と呼ばれる強くて弾力性に富んだ毛で織られているためとても丈夫です。
粗い織りのハリスツイードの生地が、カシミアを超える暖かさといわれるのは、その繊維の中に取り込むことができる空気の量が多いための保温効果の高さから。。 主にジャケット用と思われがちなハリスツイードの生地も、ちょっと他に目を向けてみると、ハンチングやカバン、小物用などその応用範囲も広く、オーダースーツ的なところでは、ウールタイや、スーツやスリーピースでお仕立ていただく以外の、オッドベスト、特にオッドパンツ(替えパンツ)としてのご利用は多いです。。
ハリスツイードや、ドネガルツイードなどのツイード生地で仕立てるオーダーパンツは、生地が厚く、オーソドックスですがインパクトのある大きめな織り柄のため、なかなかのボリューム感。。その他異素材でコーディネートするジャケパンスタイルでもその存在感から、ボトムス・ハリスツイードがその主役の座を奪ってしまいそうですね。。
生地が厚めなだけに、パンツの後ろポケットをフタ付きにしても、裾をダブルにしただけでも楽しそう。。生地に強いハリがあるので、通常「ヒザ裏」までのパンツ裏地を「総裏」としていただくのがおススメです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ハリスツイード・3ピーススーツ 多くの種類のツイードジャケットの中で、まず名前が上げられるハリスツイードジャケット。着用時のその暖かさは、アイルランド北西部の漁師さんたちが、海で作業するときの防寒着として愛用していたところからその品質の高さが伺えます。。 また毛織物工業の発展と需要の増加に伴い、ハリスツイードをはじめとするツイード調の毛織物が多く市場に出回るようになったことから、それら類似品とはっきりと区別するために設立されたハリスツイード協会が、検査機関として厳しく目を光らせているのでその品質管理も安心です。。 その検査に通った織物だけに付けられる通し番号が付けられたハリスツイード協会公認の生地ネーム。そんな信頼度の高さもハリスツイードの高い人気を支えているのだと思いますよ。。 この秋冬シーズンにPitty Savile Rowでご案内させていただいているハリスツイードジャケット用素材は60柄。主にジャケットでお仕立ていただくことが多いハリスツイードの生地ですが、カシミヤにも匹敵するほどの暖かさ。オーソドックスな無地系やヘリンボーン(杉綾)など、もともと素朴でクラシックな色柄が多いハリスツイードなので、上下揃いの2ピーススーツや、ベストを加えたスリーピーススーツでお仕立ていただくなどすると強力なウォームビズなアイテムとしておススメです^^ また、ハリスツイードの服地で仕立てられたアイテムは、ジャケット、ベスト、パンツともそれぞれが存在感のあるファッションアイテムとして、例えばフラノパンツコーデュロイパンツと組み合わせたジャケパンスタイルや、厚手のセーター+ハリスツイードパンツ、ニットベストの代わりに着るオッドベストとしてなど、ツイード特有の野趣あるざっくり厚地織物には、その活躍してくれそうな応用範囲がとても広いです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ハリスツイードのオーダーパンツ ハリスツイードはどちらかといえば、トップス向き。ジャケットやベストと相性の良い生地だと思うのですが、この生地でボトムスを作ったら暖かさは抜群な、ちょっとぜいたくなパンツが仕上がります。。ハリスツイードの特徴は、ざっくりと粗い起毛素材、中にはイレギュラー的な「差し毛」という白髪のような堅い毛が混じっていたりして、素足にはチクチクしてしまいそうです。。オーダーパンツの場合には、メンズパンツで、ヒザまでのヒザ裏、レディースの場合には、裾上20cm程度のところまでのパンツ総裏が標準仕様になりますので、履き心地も比較的すべりが良くなめらかですが、メンズの場合にも、パンツ総裏は対応可なので、防寒対策の一つとしてもパンツ総裏は効果的です^^
ハリスツイードは厚地な紡毛織物なので、その仕上がり感はなかなかのボリューム感がありますが、素朴な風合いの生地なので、コーディネートは初心者の方でも難しいことはありません。。
店長的にはレトロなカントリーなテイストを生かして、タイトに気取るよりは、ファティーグ風に、すこしゆったりめ。ルーズフィットに気軽に履けるカジュアルパンツを目指します^^こういった厚地の生地は、履けば履くほど自分のからだに馴染んできて、しっくりと履き心地が良くなるものなので、生地の繊維がボロボロになるまで、履きつぶすほどご愛用いただくのがおススメです^^
良い生地で誂えたものは、ぼろくなっても、その品質の良さは誰が見てもわかるものだと思いますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ハリスツイード 昨日の台風はかなりすごかったです。浜松に上陸、進路が影響したようで東海地方の被害は大きく、店長の住んでいるマンションもベランダ境の避難用の壁が強風で割れ、飛んだ破片が網戸を破り・・という被害がありました。田舎なので風が強いんですね・・。。 サイトのトップページをようやくリニューアル。7~8年ぶりぐらいです。もう、オーダースーツのサイトを運営しはじめてからそろそろ10年を超えるぐらいになるのですが、公開はじめのころは、まめにリニューアルしていたサイトも、だんだんオーダースーツ関連のボリュームが増えていくと、部分的な変更は全体を手直ししなければならないという事態に発展してしまい、もともと美術の時間に近いような製作的なことが苦手なため、なかなか手が付かずに・・というところです。
しかし、必要に応じて仕方なく付け足しの手直しでなんとかごまかしていたのも、そろそろ限界。ようやく重い腰を上げて作業を開始しました。。現在は、トップページのみサイトの構成を考えて変えてみましたが、昔に比べてずいぶんきれいになった他のサイトさんにはまだまだ及ばないため、がんばって奮闘中です!!
この7~8年に培った多少は成長した・・つもりのスーツ屋的なノウハウ、知識をご案内させていただく内容で、全体を更新していく予定ですので是非ご期待下さいませ。。 秋冬素材は、新しくハリスツイードと、フラノを掲載させていただきましたので、ご希望カスタマイズなオーダージャケットのご相談などお気軽にメールいただければと思います。。差し毛のある素朴なハリスツイードのジャケットは、レトロテイストなこの秋冬のトレンドアイテム。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ハリスツイード これから暑くなろうという梅雨時な6月にデザイナーズブランドは、秋冬のトレンドを教えてくれます^^店長も好きなglamb(グラム)というブランドが、2011年の秋冬に仕掛けたのが、英国スコットランドの伝統に培われ、手織りで肉厚、粗い手触りのハリスツイード。今年、このハリスツイードは商業化されて101年目らしく、ということは、去年が100年目の記念の年ということだったんですね。。
スコットランド北西部の群島の中の、主にハリス島やルイス島の漁師さんたちが、仕事着などに使っていた、ケンプ(羊毛の粗い毛)と差し毛(白髪のような強く弾力性のある毛)を特徴とするもの。glambの、片袖のみをラムレザーに付け替えるという離れワザは、有りそうで無さそう、やってみたら面白そうとは誰もが思うものの、粗いざっくりとした織りのハリスツイードでは、なかなかオーダースーツでも難しいものです。。
シルエット的には、タイト+ショート丈、カッタウェーフロント、袖もタイトな、春夏とほぼ変わりばえのしないものとなっていますが、唯一・・、「衿巾太め」にしたのは、ポイント高いです。太めといっても、ナローラペルばやりの現在なので、普通の衿巾程度でも、太めなイメージで、タイトなジャケットに新鮮なインパクト。秋冬を待たず、次シーズンのトレンドを、この春夏オーダーで試していただくのも、おシャレずきにはたまらないぜいたくかも知れませんね^^

ハリスツイード

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハリスツイードカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはツイードランです。

次のカテゴリはパンツのこだわりデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ