カレンダー

« 2017年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

昔のスーツの最近のブログ記事

プールバーが似合うスーツ

|
プールバー ビリヤードが流行したのが1986年に映画「ハスラー2」が公開されてから。ポール・ニューマンと、トム・クルーズが主演したもので、1961年の「ハスラー」の続編のようなストーリーのものでした。。それまでのビリヤードというと、繁華街の通り沿いから少し入ったところに「撞球場」などの看板が出ている古びた遊技場のイメージ。大正・昭和の初期の頃からあるものなのか、1961年にも同じように流行の波があったのかも知れません。。
この「ハスラー2」の頃は店長の青春的謳歌時代のちょうどの頃で、プールバーにもよく行きました。薄暗い照明の中、夜行われることが多いゲーム、カクテルなどを出すワンショットバーも兼ねるプールバーは、たいして上手でもないビリヤードですが、そこにいるだけで気分が良いものです。。
当時のスーツスタイルは、ドレープ感というイタリア製のような柔らかな生地のたるみ感をもつゆったりめなスーツ。ソフトスーツと言われるもので、とにかく肩幅が広く、それにあわせて胴回りも広め、パンツもウエストこそ体型にあわせたジャストフィットなサイズですが、2タックパンツの太めのモモ巾(ワタリ巾)にあわせるヒップラインはかなりのオーバーサイズ。この無駄とも思えるゆとりある生地量から仕立てられるスーツが、そのドレープ感が、ちょっと恥ずかしげですが敢えていうなら男の色気、ダンディー着こなしスーツででかけるプールバーにはぴったりです。。
ダブダブなシャツにネクタイ、キューをもって屈むと垂れるネクタイを首の後ろにはねあげて・・というのも、あー、プールバーならではのポーズですね。。 いまどきなタイトめに仕立てるオーダースーツでは、大きめなカッタウェイ・フロントが特徴的なブリティッシュ・スーツが雰囲気かも知れません。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
レトロなジャケット その時に人気のある芸能人やモデルが出ることで毎シーズン話題になる、東京ガールズコレクション。店長のようなおじさん的には、プレタ、レディーススーツなどのファッション傾向は若干、縁遠くどちらかといえば華やかな女性タレントのほうに目がいってしまいがちなのですが、この秋冬モードは、「レトロなテイストを取り入れたアイテムがトレンド」ということらしいので、なんとなくうれしくなってしまいます。
オーダースーツも、もちろん最新のモードでお仕立ていただくシルエットパターンのご用意は満載。仕立てる生地の色柄などに古典柄などといわれるクラシカルなパターンで、レトロ感覚を演出というのが、この秋冬シーズン流らしいですよ^^そうなると、オーダースーツは専門の分野っぽくなってくるので、流行にのることはやはりうれしいことです。。 朝の情報番組のコメントには「おじいちゃんが着ていたような服をイメージして・・」なので、おばあちゃんではなく、よりテーラードらしいコートやジャケット、これらに相性の良いチェック、パターン柄を取り入れるのがポイント。
そんなおしゃれな彼女や奥様の横に立つ、彼氏やだんなさんの立場の男性諸君も、せっかくなのでクラシックパターンでスーツをご新調いただきますと、ファッション的な点数、株が間違いなく上がります。。一見目立つイメージの古典柄も、昔から見慣れた伝統的なパターンなので、シックに落ち着きます。お仕事メインなら、ヘリンボーン、小柄+オーバーチェックが馴染みやすく、カジュアル、ストリートファッション的に着こなすなら、ハウンドトゥースシェファードチェックグレンチェックバーズアイなど、葛飾柴又の寅さんのようなジャケットが目を引くことになるかも知れません。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
英国製ベックサイド 英国製のベックサイド(BECK SIDE)というと、モヘア混の素材に定評があり、礼服地なども有名。今も十分、気持ちだけは若いのですが、特に20代の頃には、好きな服、スーツを着ていれば、安い給料もそれほど苦でなく、楽しく暮らせてました^^仕事とはいえ、気に入ったスーツを着て過ごす時間は楽しいものですし、どこへ出かけても見劣りしないオーダースーツというのは、それだけで満足です。。
どこのショップの店員さんもそんなふうだと思うのですが、店の売上げが少ないと売上げ協力、いつも商品を見ていれば必ず欲しくなり、カードの分割回数と相談^^年2回のカード手数料ゼロセールの時まで待って、とか、あれが終わったからこれ買えそうなど。 オーダースーツ店で20年近くお仕事していますので、いろいろなスーツを着ることができましたが、その中で一番高価だったものが、キッドモヘア60%混の英国製ベックサイドの合服スーツ。モヘアはアンゴラ山羊の毛で織られる、金属的で涼しげな光沢感、強いハリとコシを特徴とする、夏物メンズスーツには欠かせない高級素材。
今は暖冬傾向から秋冬素材が薄くなり、春夏素材を夏向き3シーズンに着用することなどから、合服というのはあまり見なくなりましたが、スプリングコートを着るぐらいのシーズン、「梅春もの」というのが合服になります。着る時間も短いため、販売時期もとても短く、2月に入ると陳列、3月初めには片付けます。色はスカイブルーに1.5cm巾ぐらいの黒ストライプ、春先の色といえば、とても春らしい色ですが、よくこんな色のスーツを着てましたね^^最後は、明るい色のための汗じみから、黄ばみが目立ってしまいお亡くなりになりました。価格は、確か10万ちょっとだったと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ツルモク独身寮 20年前当時、洋服屋になりたての頃には、ドレープ感というのはとても便利な言葉で、どこのスーツ屋さんでも、「この独特のドレープ感がいいんです・・」などと商品をご案内する営業用語としては必須だったような気がします^^ドレープ感というと聞きなれない人もいるかも知れませんが、「洋服のたるみ感のこと」バブル期にはビッグルックでオーバーサイズなソフトスーツというものが好んで着られていたので、パンツなどもタックが2タックパンツが当たり前、オーダースーツならではの3タックや箱ヒダタックなどという必然、太めになるシルエット。おとなしくしていればゆったり優雅に弧を描くようなたるみ感、強い風が吹けば、ひどくバタバタする、それがドレープ感です^^
この頃個人的に好きだったのが、「ツルモク独身寮」という漫画で、18歳で田舎から上京し「ツルモク家具」という家具の製造工場に就職する若者を主人公に繰り広げられる、青春ストーリー的な展開をするもの。確か、高知の田舎から上京する、という設定がなんとなくいろいろ期待と不安に気持ちが揺らぐ桜のシーズンと自分のリアルな時期とが重なっていましたので、強く心に残る漫画の1作ですね^^
こないだ、といっても数年前ですが、既に古本屋に売ってしまって手元になかったこの「ツルモク独身寮」を、古本屋で見つけ全巻大人買い。ちょうどはやっていたいきものがかりの[SAKURA]はまったく哀愁を誘い、わけもなく感じるシミジミ感にひたってしまいました^^
この頃のカジュアル服のお気に入りは、濃紺の麻のシワ加工ジャケット、アンコン仕立てというもので、胴裏も袖裏さえもついていないダブダブのオーバーサイズジャケットに、パンツはタイトなハーフパンツ。ジャケットのゆったり感と、タイトなパンツのアンバランスな感じを、すこしごっつめの靴と良い子ぶったソックスで調整。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

一張羅と星一徹

|
星一徹の一張羅姿 その昔、スーツは一張羅といわれるほど高価な貴重品で、お出かけには必ずその一張羅のスーツを着ていったものだそうです。 当時の素材は重く、頑丈で、今の着心地重視の軽い素材に比べて鎧のような、少し摺ったぐらいでは傷ひとつ付かない。 寸法が変われば直したり、裂ければ接ぎをあて、着用者がお亡くなりになれば、体型の近い親族に形見のようなかたちで 引き継がれる。ずいぶん重い出だしになってしまいましたが、ネットでオーダースーツ店をはじめたころには、 まめに掲載していた日記もだんだんご無沙汰になってしまい、最近またふと思い出してスーツ屋的近況報告のような ブログをはじめることにいたしました。 スーツというと、若ものも憧れるおシャレアイテムの筆頭だったものが、生活様式も広く柔らかくなってきたり、 趣味趣向も変わりお金のかけかたも人それぞれに、車だったり、バイクだったり、サーフィンだったり。 ここでスーツ的ブログのはじめとして、少し畏まって言いたいことが、つまり一張羅といわれたほど大事に 着られていた頃のスーツと同じほどのコダワリでスーツを自分なりに振り返り、見直してみて、必要なことは ネットや本で調べたりなどして、その過程で学んだことをブログを通じでお知らせすることが、なにかのお役に 立てれば・・という趣旨のものなのでした。 一張羅といえば何故か思い出す星一徹。アニメの登場人物なので、萌え系戦士も多くが学生服若しくはメイド服 なのも一張羅といえば一張羅みたいなものですね。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち昔のスーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは店長のスーツ日記です。

次のカテゴリは有名人のスーツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ