カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

スーツのサイズの最近のブログ記事

ドロップサイズでオーダー 既製スーツのサイズ表示でも利用されている【AB5体】や【A6体】は、バスト寸法からウエスト寸法を差し引いたドロップサイズを基本にJIS規格によって決められたスーツのサイズ表示となりますが、Pitty Savile Rowでお仕立てをさせていただきます「ドロップサイズとご身長から」スーツをお仕立てさせていただくことができます採寸フォームは、このドロップサイズ計10パターン【J体】【JY体】【Y体】【YA体】【A体】【AB体】【B体】【BB体】【BE体】【E体】すべてを利用させていただき、さらにフィット感を高めたお仕立て上がり。。
ご自分で採寸していただきます際に、すべてのスーツサイズを採寸するのは少しハードルが高め・・、とお考えの方におススメのご採寸用フォームです。。
人気のイタリア服地カノニコを、フロントデザイン中段返りや、チェンジポケット付きで・・、ハリスツイード背バンドや、衿タブ付きのこだわりデザインで・・など。
高品質、多種類のオーダー生地でお楽しみいただけるテーラーメイドなスーツ、ジャケットをより手軽にお楽しみいただけます^^

また、2回目以降ご注文いただきます際、オーダーフォーム備考欄にお書きそえをいただいておりました調整寸法につきまして、専用のフォームをご用意させていただきました。。前回寸法のジャケット丈を1cm短くや、ウエスト寸法を1cmアップなど、体型変化やよりご希望にそったシルエットに調整させていただきます際に、ご利用くださいませ^^
前回ご注文時寸法を微調整した寸法でオーダー

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
採寸フォーム Pitty Savile Rowでは、ご愛用スーツ等をお送りいただくご採寸方法に加え、サイト内にご用意させていただいておりますご自分でご採寸いただくための採寸用フォーム、採寸マニュアルのページをこのたびリニューアル!!
現在ご着用になっているスーツ寸法をご自分できちんと把握し、イメージされた通りの調整後寸法でお仕立てをされたい方や、特徴のあるデザインスーツをお仕立てになりたい方におススメ。。
スーツをお仕立てになりたい方は、ジャケット寸法パンツ寸法およびヌード寸法をご採寸、パンツをオーダーされたい方は、パンツ寸法およびヌード寸法のうち、ウエスト・ヒップなど、お仕立ていただくオーダーアイテムに必要な寸法をお知らせいただければと思います。
また、ご採寸いただくバスト・ウエスト・中胴・ヒップの各ヌード寸法から、適量なお仕上がり寸法につきまして、ご相談にのらせていただくことができますため、お気軽にお問い合わせいただければと思います。。
#採寸フォーム

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
http://pitty-savile-row.com/ ご自分でご採寸いただきご注文をいただくオーダーのほか、前回寸法から微調整のご依頼をいただく際、どの部分を採寸するかなど、丁寧に補足させていただくページをご用意させていただきました。。
また、合わせてヌード寸法をご採寸いただく方法も詳細にご説明させていただいておりますため、ご注文いただきます際のご参考事項としてお知らせいただければと思います。。

例えば、ご愛用スーツ寸法がもう少しとお考えの場合などにも、ご愛用スーツをお送りいただき、合わせてヌード寸法をお知らせいただきますことで、よりフィット感の高いスーツ寸法をご提案させていただくなど、よりご着用感の良いスーツをお仕立てさせていただきますのに効果的です。。

オーダー採寸

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
採寸寸法の目安 オーダースーツ Pitty Savile Rowでは、ネットから生地をお選びいただくことができ、採寸寸法には「ご愛用スーツをお送りいただく」「ご自分で採寸していただき寸法をお知らせいただく」など、いくつかの採寸方法をご用意しておりますが、一番簡単で楽なのが、ご着用中のスーツのうち、もっとも着心地の良いスーツをそのままお送りいただき、当店で採寸させていただくというもの。
その際、お送りいただくスーツ寸法から、この部分は若干の調整がしたいというところがございましたら、もちろんその微調整も対応可。ご本人にとってのジャストフィット感は、お好みも流行もあるのだと思いますが、接客採寸時、オーダースーツ的におススメする基本のところのご案内です。。
ジャケット丈は、
「気をつけ」の姿勢で指を伸ばし、伸ばした親指の先端がジャケット丈と同じ長さ、
又は、手を伸ばした状態で人差し指を折り、ジャケット裾が自然に落ちる長さ
どちらも同じ程度の寸法になると思います。。ジャケット丈は総丈の半寸という基準もあり、見た目に近い袖丈とのバランスを考えると適量です。。
袖丈は、
シャツとのバランスで考えるなら、腕を下げた状態で5ミリ程度、上げて2cm程度シャツカフスが見えるぐらい。親指の先端から9~12cm程度、手が見えている状態。
胴回り寸法は、
釦をはめた状態で、こぶしがひとつ入るぐらいが良いとされています。。
※サンプルは袖丈は標準より少し長めなのに対して、親指先までよりも5cm程度短いショート丈な寸法のジャケット

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
JISサイズ表示で採寸 スーツをネットからお仕立ていただくお客様のご希望もさまざま。。もちろんオーダースーツ本来の着心地の良さ、縫製度の高いスーツ、こだわりまくった寸法・ディテールを主にお考えの方も多いのですが、中には、「寸法は普通の既製サイズでも合わないことはない」「質・量とも豊富なネット生地の中から、気に入った素材でスーツを手軽にオーダーしたい」「スーツを送るのも、細かく採寸するのもちょっと大変」という方も多くいらっしゃるため、そんな方には、スーツのJISサイズ表示とパンツ総丈をお知らせいただくだけで、ご希望シルエット・デザインのスーツをオーダーできてしまう、「JISサイズ表示から簡単オーダー」での採寸がおススメです。。
JISサイズはJIS規格(日本の工業標準化の促進を目的とする工業標準化法に基づき制定された国家規格)で、スーツの場合には、「バストとウエストの差寸の大きさ」による、Y体、A体、「5cm刻みの身長」による「5」「6」の組み合わせによって「Y5」「A6」と決められています。。既製スーツを購入される時には、このサイズ表示を目安に自分の体型に近いものを試着し、必要な手直しや裾上げをしてご新調ということになるのだと思います。。
このJISサイズ表示寸法でスーツをお仕立ていただく際に、当店で確認させていただくのは、「バスト-ウエスト」と「身長」から分類される「B5」「AB4」などの体型と、パンツ総丈のみになりますため、袖丈、股上、モモ巾、ヒザ巾、裾巾などその他の寸法は、現在の流行を加味したバランスでお仕立てさせていただくシルエット。お客様としての採寸は、一番手間がかからず、おまかせいただく部分が多くなってしまいますが、初心者の方には安心してスーツをオーダーしていただくことができる採寸方法です。。また、その他の採寸部位で特にご指定いただく寸法がございましたら、備考欄もしくは別途メールでお知らせいただくことで、もちらん詳細に対応させていただくこともできますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
減量 ダブルの打ち合いのジャケットをシングルにリフォームしたいとか、釦位置を調整したいなど、ご着用後の仕上がり品についても、その時の流行や意匠的デザインのために、デザイン、シルエットをリフォームしたいというお問い合わせをたまにいただくことがあります。。仕上がり後の完成品を調整させていただく場合には、ご注文時と比べその調整の範囲も限られてしまい、ジャケットダブル→シングルや、釦位置調整は、それぞれ生地に釦穴が開いてしまっているので、仕立て屋がご提案させていただくような調整は基本的には難しいのですが、それでもオーダースーツには、はるかに着心地良く、かっこ良くご着用いただくことができる微調整の方法が豊富です。
例えば一番簡単なところでは、パンツのウエスト調整、人の体重変化に一番左右されやすいスーツの部位のために、お直しの頻度も多いです。このパンツウエストは、後身中央の縫込みを出すだけでも5~6cm伸ばせますし、詰めるのも同量ぐらいなら全体のバランスも崩しません。ジャケット背ベントの付け替えというのも意外とポピュラーで、「サイドベンツを閉じてノーベントに」「センターベントを閉じてサイドベンツにしたい」ほか、 「アウトポケットの上に後付けのフタをつけたい」「アウトポケットを取って、普通のフタ付きポケットに」「チェンジポケットを付けたい」など。
ずいぶん前には、それこそスーツが一張羅といわれた貴重品のころ、消耗した表の生地を裏返し、リバーシブルのようにスーツを仕立て直して着ることもあったそうです。作業内容としてはスーツを新調するよりも手のかかる大変な作業だと思いますが、それだけスーツの生地は高価なものだったんですね。。今では、仕立て代込みのスーツ価格が当たり前ですが、昔には生地代と仕立て代は別価格で表示されていました^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
バカボンのパパ 腹巻はしているとちょっと恥ずかしげな印象のものなのはやはり、日本の伝統的なボトムスももひきや、らくだシャツ、ダボシャツ(鯉口シャツ)同様、おやじ臭いからでしょうか。。しかし、これら日本のトラディショナルスタイルは、慣れれば手放せない便利さで、ももひき、らくだシャツなどは、ユニクロのヒートテックを思い起こしますし、ダボシャツの超薄+肌にまとわりつかない凹凸感は、まさしく湿気の多い日本の夏には最適です。。若い方でこれらアイテムが思い浮かばない方は、「バカボン」のパパがそのままです^^ 店長もなんとなく体調のすぐれない一時期、ふと通り沿いの洋品店のワゴンセールに売られていた腹巻にひらめいて、着用していたときには、胃腸が活発に動くようになるのか急に体調も良くなり、食欲も増し、急に元気になってしまいました・・^^夜寝るときには、カイロまではさみ、もう万全の体制。しかし、次第に体調が良いのが当たり前のようになってくると、若さゆえか、そのビジュアルに耐えることができず、腹巻をはずしたばかりはなんとなく、空気が吹きぬけるような寒々しさもあったのですが、しないままの現在に至るです^^
腹巻はけっこう厚みがあるので、パンツのウエストサイズでもしない時に比べ、+2~3cmは大きく作ることが必要です。。腹巻はしない方でも、秋冬は下着類が若干厚くなることから、春夏スーツに比べ+1cm程度の微調整をされる方も多くいらっしゃいます^^ 一時的にヘルニアや腰痛のためのコルセットをされている方などの採寸は更に悩むところですが、現在サイズに合わせて作り、必要に応じてパンツウエストを調整する、またはコルセットの装着が頻繁な方は、アジャスタというウエスト調整ベルト(中心位置から±4cmの調整可)もとても便利です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
大きいサイズ オーダースーツは、ご自分の好きなシルエット、デザインにカスタマイズしたスーツを作ることができるというファッション的なところからご案内することが多いのですが、既製サイズの標準的な寸法(AB5やY6など)では、合わない大きなサイズの方や、小柄な方にも多くご利用いただいております。。「サイズがあっても、ボリュームゾーン以外は種類も少なく、好みの色柄でなくても、仕方なく・・」「なんとか、自分のサイズに一番近いものに体を合わせて・・」という方には、オーダースーツはおススメですよ^^ 価格的にも、以前ほどオーダースーツ価格は高額ではなく、既製スーツとそれほど変わりませんし、手の届かなかった舶来高級素材も、驚くほど手近な感じです。
「体型増」というと、ある一定の数値を超える大きな寸法でスーツをお仕立ていただく際に、お願いをさせていただく割増料金になりますが、Pitty Savile Rowでは、「肩幅50cm超、着丈・股下寸法80cm超(けっこう大きな寸法です)」の方に対して、スーツ価格の10%プラスが目安となります。「体型増」の内容は、通常寸法の方に比べて多く必要な要尺寸法と、より多くの部分を縫製する必要があるための縫製増になります。また、シーズンも終わりごろになると、反物で残っていた生地在庫も、着分(通常3.2m)のカット済みのものしかなく、小柄の方の場合には、逆に無駄にしてしまうことにもなるのですが、大柄の方の場合には、「着分では足りず、2着分用意して・・」「なんとか型紙調整でうまくさしこめた・・」など、腕の見せ所的な手裁断をさせていただく場合も多いので、生地要尺がご心配な方は、お早目のご注文がおススメですよ。。
タイト傾向のスーツが多い今どきのスーツ事情なため、体型よりも小さめなスーツを作る方も多く、ご希望寸法をお聞きしたら、体型増にかからない・・方も多いです^^

また、どう採寸しても、隠しきれないほど大きな方のために^^
Pitty Savile Row専用素材でお仕立ていただくカスタムメイドスーツは、体型増なし¥29190~お仕立ていただけますよ。。

カスタムメイドスーツ

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

超人ハルク的タイトスーツ

|
超人ハルク タイトなスーツもここまで来たか、と思えるほどの最近スーツのタイトぶり。また、それがかっこ良く見えるのは、それが流行ということなんだと思います。。思えば、バブル全盛のころ、ワンレン・ボディコンのお姉さんの横には、カラフルな色合いのダボッとしたソフトスーツ。形はシングルスーツもありましたが、今よりはるかにダブルスーツの割合が多かった。肩幅から肩先が落ちるほど大きめのスーツから、3釦スーツ、3釦スーツの釦位置が上がり、どうせ高い釦位置ならと、4釦、5釦スーツへと釦数が増えていき、釦数が増やせなくなると、今度は減らし、2釦で高い釦位置のスーツ、着丈は短めへ。。この2釦で高い釦位置のスーツになりだした頃から、タイトさが顕著になります。ただ、色柄はほとんど変化がなく、チャコールグレーから黒程度、低迷する日本経済がこれらの色を好むのか、多くの色柄展開で在庫を持ちたくない既製メーカーの陰謀か・・^^店内を見てもオーダー生地でさえ黒っぽいものが多く、またこれがかっこ良く見えるのですが、少し色については春夏ぐらい明るい傾向もいいかも知れません。年代的にピタピタすぎるスーツを見掛けると、思い出すのが超人ハルク。興奮すると肌の色が緑色に変色、筋肉が盛り上がり、着ていたシャツが破け、ズボンもバミューダのようになるというやつです。ハルクは極端にしても、小さめジャケットを着ていると、鍛えたいい体している風に見えるんですよね^^そんなところも、タイトスーツが好まれるところかも知れません^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
三瓶 太ったり痩せたりというのは、ある程度仕方のないものだとは思うのですが、ここ数年の肥満気味な体型にスーツのサイズの微調整を検討中です。。体型に変化のない人は、ほんとうらやましいです。「ちょい悪オヤジ」でいっせいを風靡したファッション雑誌「レオン」のモデルなど、髪の毛の薄い人は多いですし、おまけに体型的にも決してスマートとは言えない方も。外人のモデルさんが着ているスーツだから・・、髭も生えてるし・・、ということもあると思うのですが、やっぱり自信をもって堂々と着こなしている感のあるところが一番かっこ良いのではと思ってしまいます。今までの体型をなんとか維持したい、しかし微調整をしたほうが楽になれる、この葛藤が常に。「スーツのサイズを大きくしたらきっと、それに合わせて体型も成長してしまう」、「レオンのモデルのように、堂々と体型を楽しもうじゃないか・・」「太り気味だからこそ似合うスーツのシルエットだってある」「いや、まだ早い、太りやすい体質にそんな甘い言葉は禁物だ・・」と、結局ダイエットに励むことになるのですが、これもなかなか。スーツのサイズに自分の体型を合わせるのも、ある意味理想的な体型を維持するのに必要なこと。今のスーツのウエストがきつくなってきたら要注意の黄色信号点滅のつもりで、食事制限、適度な運動を心がける・・、それができていれば、と思ってしまいます^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスーツのサイズカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスーツのお悩み相談です。

次のカテゴリはスーツの着こなしです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ