カレンダー

« 2017年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ファッションの最近のブログ記事

オーダースーツ Pitty Savile Row公式ツイッター Pitty Savile Rowでは、サイト内の更新情報を「ツイッター」や「フェイスブック」のSNSを利用させていただいておりますため、久しぶりに当店サイトをご覧いただきました方は、この2つのサイトのどちらかで更新内容や、新入荷生地をご確認いただくのがおすすめですよ。。
この秋冬シーズンにも新しく入荷しました生地銘柄が多数。ジャケット用素材には、ツイードフラノとはまた違った素材感をお楽しみいただける、アウターに適した440gmsのカシミア10%混・ダリオウール&カシミア、イギリスのコットンが得意なファブリックブランド・ブリスベンモスから、6ミリ巾の太畝コーデュロイ、相変わらず人気の高いハリスツイードに新柄もご用意。。
スーツ地には、いちばん人気のカノニコ、当店が正規取り扱い店をさせていただいておりますホーランド&シェリー社から、伝統的な双糸使いにより製織された英国服地インターシティーほか多数をサイト内にご掲載中です!!

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
貝釦・革釦・ナット釦 良いスーツだと感じられる一番印象の強いものは、やはり生地の良さやそのスーツがきっちりと体型に合った寸法で作られているもの、というところだと思うのですが、次にはスーツに使われている副資材、特にボタンや裏地は目に付くことが多いです。 若い人向きにかっこ良くタイトに作られているプレタスーツもよく見ると、それぞれの部品は安っぽかったりすることが多く、少し良いものを探すと、価格ははねあがります。。 Pitty Savile Rowお仕立ていただくスーツ・ジャケットに標準セットされるボタンや裏地も、充分品質が良いものとなりますが、本水牛釦(リアルホーン釦)をはじめ、天然素材を用いた高級釦には、その存在感の強さから、ご着用スーツやジャケットの雰囲気を変えたり、価値を高めてくれる力があります。。 この秋冬シーズンより当店では、Ex-madeラインでご利用いただくことができるオプション釦に「貝釦(シェル釦)」「革釦」「ナット釦」を追加、カスタムラインでは今回追加のものは既にご利用をいただけていますが、「貝釦」を新たに加わりました。 「革釦」は特にハリスツイードジャケットドネガルツイードジャケットなどととても相性が良いのでおススメ。。Ex-made「貝釦」SH01~04のうち、釦に縁の見えるSH01・02は「表使い」、平面に見えるSH03・04は、同じ釦を「裏使い」でお付けします。「貝釦」はオプション釦の中でも特別高額な印象があり、特に店長経験としての一番はじめの出会いが、シルクサッカーのジャケットに付けられたぐっと高価なイメージがそのまま残っていたのですが、先日見かけたスーツに付けられている「貝釦」の感じがとても良かったため、ご案内させていただくようになりました^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
汗脇パッド 9月に入ってくると同じ暑さでもなんとなく気分が違います。。
サイトの中での生地ご掲載品も、春夏スーツの最終と、夏終わりから秋冬にかけてオールシーズン的にご着用いただけるハリソンズ・オブ・エジンバラのようなオールシーズン向け服地、ハリスツイードドネガルツイードなど、秋冬に人気のカジュアルなど、春夏服地・秋冬服地の両方が揃ったいまが一番、選べる時期かも知れません。。 特に春夏スーツ最終は、まだまだ生地柄も豊富なうえ通常のサービスオプションに加えて更に5%オフ。舶来服地などは、秋冬シーズンからは円高から一部に値上がりしているものも含まれてきているため、今年秋口までと来シーズンのご用意にはおススメ価格です。。
今年の春夏スーツはクールビズへの対応から、各生地ブランドや既製スーツメーカーなども含め、例年のできるだけ涼しく快適にご着用いただくために、「通気性」「吸湿性」「汗をかいてもすぐ乾く速乾性」重視が相変わらずのメインですが、正直な感想としては反応は薄く、夏の盛りから一張羅的スーツのお考えからか、秋冬スーツをご希望いただいたり、春夏スーツでも裏地を付けてオールシーズン的に、また逆にリネン、コットンで特別涼しくという方もいらっしゃり、クールビズへの対応は個人差が大きかったような気がします。。
オーダースーツオプションとして特別人気だったのが、「脇当てパッド」。「汗脇パッド」ともいわれるように、ジャケットの脇下に付けられるパッドで、汗をかいた時に、汗ジミがジャケット表にしみてこないように、また脇下のすべりも良くなるというもの。この素材に、メッシュや極薄素材とするのが、脇下を通気良く保つことができて夏のジャケットの着心地感を増すのに役立ちます。。

※この秋冬シーズンからPitty Savile Rowでは、サイト内スーツ、ジャケット、スラックス用の生地を一覧していただくことができるページをご用意中。ご注文方法などは今までと変わりありません。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

オーダースーツでフレアさせてみる

|
ジャケットの裾フレア ジャケットの袖口を本開き釦止めという本切羽の仕様で仕立てるとオーダーらしく、個性的というところでもおしゃれなスーツ好きを満足させてくれるディテールになります。。よくファッション雑誌でも取り上げられる、この袖口を本開きとしたときの着こなしに、「袖先の釦1個のみは止めずに外す」「袖4個釦を止める・外すを交互・繰り返す」中には、驚くような個性的な着こなしも紹介されていて、これはシャツの衿先ですが「右は通常だが左のみ立てる」「ネクタイの小剣を大剣より長くしめる」だいたいファッション雑誌は、気の利いたファッション用語の羅列で記憶に残ることが少なく、モデル着用のアイテムは参考になりますが、ぱらぱら見るもので、あまり深く読むものではないのかも知れません。。
自分のファッションスタイルと見比べてみて、これなら・・、という境界線が会社などでのドレスコード。注目してみたいのは、「本切羽時の袖先釦の1個外し」この本開きはオーダースーツでお仕立ていただくオプションの中でも、お仕事にも馴染みやすいためか人気があるのですが、せっかくなので、袖先釦を外すことで袖が本開きであることをさりげなくアピールしてみたいところです。。実際、どれぐらいの方が、袖を本開きにしたことで使える着こなしを楽しんでいらっしゃるかと思います^^
より、効果的に袖先のおしゃれを楽しみたい方は、朝顔のように開いたという意味をもつ、「フレア」がおすすめ。袖先をフレアさせる場合には、巾で1.5cm~2cm程度。1個外しぐらいなら、袖先もだらしなくなりません。。
フレアはヨーロピアン調のスーツスタイルに多く見られるシルエットで、レディースパンツの裾口形状をヒザ巾より裾巾を+2cm程度広めとするブーツカットや、ジャケットの裾まわり(けまわし)を広めにとるというようなことにもオーダースーツでは対応させていただけます。。ヨーロピアン調のスーツスタイル=エレガントな雰囲気となります。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
杢柄オーダースーツ生地 スーツに凝る・コダワルのはオトナの趣味としても実益を兼ねることも多い、いまどきおススメなライフスタイルのひとつなのだと思いますよ。。オーダースーツ店の店長の営業トークとしてもなかなかセンスが良いです^^
春から夏にかけては、色も明るめ、せっかくなのでストライプもかっちりめ。そんな気分になる春先の店長ですが、色を抑えたスーツの基本色でコーディネートする春夏向きなスタイリングというのも、オトナな雰囲気で気になります。狙い目は、ダークトーンの色はトレンドから外せないとしても、ミディアムグレーやベージュよりも少し明るいめ、素材感で遊ぶのもクールビズ兼用でお仕立ていただくスーツ・ジャケットとしては使い勝手がいいです。。
例えば、無地系でもメッシュ織り調のカノニコ生地だったり、遠めから見ると無地でも近くで見ると色の濃い薄いに微妙の差がある杢柄など。素材そのものを、コットンスーツリネンスーツの中に探していただくのもこのシーズンならではです。。
また、生地から選んでジャケットのシルエットをはじめ、細かなディテールデザインまで選べるオーダースーツなので、「無地系でも素材感で遊ぶ+春夏らしくトーンを少し明るめ」ブリティッシュスーツクラシコスーツタイトスーツなど、より自分らしい個性を出せるシルエット、似合うシルエットで仕立てるスーツは、比較的決まった形におちいってしまいがちなビジネススーツのバリエーションを増やすご検討材料としていただくのになかなか大事だと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ファンシーダンス 「お洒落の本懐はナルシストではなく、なにも飾らないこと・目立たないことだ」と言った人がいます。なんだかわかったようなわからないようなところですが、本人が言うには、「自分のことばかりに目がいく、目立ちすぎるおしゃれはまわりの人に対して気遣いがないので、ダメ」ということらしいです。おしゃれぐらい個人の自由でとも思うのですが、普通の社会人の人がお仕事でスーツを着るシーンを考えてみると、それなりにうなずけます。。
そういう意味ではオーダースーツで仕立てていただくことができるスーツは、究極のナルシストでありながら、重い社会生活にも十分耐えうるコンサバティブなもの。お仕事に役立つファッション、着こなし、個性を出すという部分でも、相手に清潔感や信頼をもってもらうことができるためには、なかなかのお役立ちアイテムです。。品質の良い素材や仕立てのスーツは、寸法があっているだけで誰の目にも好ましく見えるもの。紺、グレー、茶など限られた色柄の中で品良くかっこ良いスーツでお過ごしいただくことができるのもオーダースーツ的におしゃれを気遣っていただけるところかも知れません。。
ファッションの基本はやはり自分をよく知るナルシストから始まり、究極はお坊さんのような生活ができるようになるまでには、ずいぶん長い修行が必要そうです。。逆にプレーンすぎるスタイルでいる人のほうが、目だってしまうような気もしますし、前述の知り合いのご高言は単なる言葉遊びということで決着しました^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カウチポテト 店長などは昔でいう「カウチポテト」、更に古くは「こたつブタ」といわれるほど、出不精であまり外に出ず一人でひっそりと過ごすのが好きなほうなため、今どきいうところの「巣ごもり」というのは得意なほうです^^今でも若いのですが、ずっと若い頃には洋服購入に没頭する日々などもあり、思い出すとほとんどがデパートや郊外店などの洋服店まわり、そのデパートに翌週出かけるための洋服を今回購入するなど、もともと家にいる時間が長い人には疑問の残る生活スタイルだったようで、あまり長続きしませんでした^^ そのため、今でも持っている衣服は、手前味噌的なスーツやジャケット、せいぜいがカジュアル素材で仕立てたパンツなどのため、ちょっとよそ行き的な衣服には困ることがあり、おしゃれなファッション衣類を中心とした生活をしなければならない、オーダースーツ店の店長としては、生活スタイルとその性格から改善する必要があるかも知れません。。
こんな店長ほどではないとしても、ラブラブなカップルや、仲良しのご夫婦などにはおススメなのが、ご自分の部屋、PCからネットで選ぶオーダースーツ。彼女に選んでもらったスーツを毎日着ることができるというのは、なんとなく幸せ気分に包まれてしまいますし、それを頼まれる彼女というのもなかなか幸せな存在です。。ご主人にとって奥さんほど似合う素材・色柄、好みまでわかってくれている人はいないはず・・^^なんでも自分で決めてしまうご主人にとってみても、奥さんからのアドバイスは、思いがけない目新しさあるかも知れません。。
また、Pitty Savile Rowでは、メンズスーツのほかレディース仕様のスーツ、ジャケットなどもお仕立ていただけますので、休日カジュアル用の、コットンリネンで仕立てたスーツやジャケット、パンツなどお揃いアイテムでお出かけなんていうのも楽しそうです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シャツの衿型その他デザインなど

|
袖先からシャツのカフスを出す お仕事用スーツに合わせるシャツの衿型はある程度限られているものの、ジャケットシルエットに応じて向いたものと不向きなものがあります。カジュアルテイストな色柄のジャケットにはスポーティーなボタンダウンの衿型、ネクタイはプレーンノットで結び目は少しきつめに小さめにシャープな印象で締めるのがおススメです。。
クラシコ系のゴージ位置・ゴージ角度とも高く、クラシコ的標準仕様の衿巾も少し太めにできているスーツには、ワイドスプレッドのようにゴージャスな雰囲気をもつシャツ衿が向いています。ネクタイの結び目は、ダブルノット若しくはウインザーノットで結び目もゆるめな広角衿を作ると良いと思いますよ。。
今どきのショート丈でナロー(狭い)ラペルのジャケットの場合には、剣先(ポイント)の短めな小衿がバランスが良く、ネクタイの巾も細めできゅっと締めたようなものが雰囲気ですね^^春夏には、ニット製のスクエアエンドタイなども表生地によっては相性が良いものだと思います。。
春夏に向けては、シャツに目の行くことも多い時期。ジャケットの袖先からのぞくカフスの種類は大きくわけて3種類。カフリンクスを使用する・しないでその形がわかれます。。カフリンクスをまったく使用しない「シングルカフ」カフリンクスを使用することを前提とし、袖口を二重に折り返した形をしている「ダブルカフス・フレンチカフス」釦でもカフリンクスでも兼用で止められる「コンバーチブルカフ」明るめシャツのカフスがジャケットの袖先から少し見えるのも、春らしいコーディネートです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

御用達のファッションショップをもつ

|
オーダースーツ生地 オーダースーツ店の店員がいうと手前みそになってしまいそうなおススメな話です。。いつもなにか買って欲しそうな顔をしているためか、お客様のほうから「自分は一度決めた店は、ずっと同じ店を利用するほうだから・・」などと、御用達宣言をして下さる方もいらっしゃるのですが、なにかと自分のことをわかってくれている店というのは、便利なものだと思いますよ。。オーダースーツ店の場合には、寸法・体型を保存してくれてあるので、再注文時の手続きが楽ということもあります。。 お店側からもお客様とのいろいろな話し合い、デザイン対応についてのご相談の中で積み重なったお客様個人のお好みデータが蓄積されてくるので、次におススメさせていただくシルエットやデザイン、流行のスーツへの対応など、実際にシーズン初めに生地を選ぶ場合など、お客様のお顔がちらちらと浮かんでくることもあります。。 店長はどちらかというと、同じ店を利用させていただくのが照れ臭く、とくに衣服関連のショップの場合には、その傾向が強いのですが、比較的長くお付き合いいだだいているショップは、やはり好みのあう同世代のショップ店長のいる店というのが共通しています。。 雑誌などで見かけた柄のネクタイなど探したいときには、まずショップに電話します。好みをわかってくれているので、扱い品の中から一番と思われるもの他候補数点の中から選ばせてくれて、話が早く、はずれも少ないですよ^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
グレンチェックのスーツ タイドアップといえばカジュアル風スタイルにネクタイをして、ドレスアップする。ドレスダウンは、ビジネス仕様のスーツのシャツのネクタイをはずし、インナーにはカジュアルシャツをコーディネートなど、少し気軽な服装をビジネス用にしたり、ビジネス用の堅めのスーツを、カジュアルテイストに着こなす傾向は、秋冬にはウォームビズ、春夏にはクールビズなど、エコな地球環境の要請からか、仕事はウール、しかも紺・グレーのシングル2釦スーツのみというところから、少しずつ変化があるようです。。
もともと、オーダーでスーツをお仕立ていただくお客様の多くは、ファッションに関心があり、会社や生活環境の中でのドレスコード範囲ぎりぎりのところを狙って、おしゃれを楽しもうという意欲的な方たちなので、こういった変化にはめざといです。。秋冬シーズンではいままで、お仕事用であまりご着用いただく機会の少なかった、ハリスツイードやツイード、コーデュロイのジャケット、中には3ピースでパンツまで暖かなコーディネートをご用意いただく方もいらっしゃいます。。今年はハリスツイード協会が発足してちょうど100年という節目の年ということから、特に関心が高かったように思います。。生地タグが例年白地のものが黒地に金文字というのがインパクトがあったようですね。。
春夏シーズンに向けては、コットン麻のジャケット、スーツ。シルエットも軽くなり雨降り袖が特徴的なナポリ・クラシコやアンコン仕立てなど^^
カラフルでスポーティーなボタンダウンシャツにネクタイをしたから、タイドアップと簡単に考えていると、今どきのジャケパンスタイル攻略は難しそうですよ。。素材、シルエット、デザインと多くの組み合わせを、お仕事の場でも楽しめる機会が増えてきたのは、とてもうれしーことですが、カジュアル傾向のスタイルが浸透しはじめてきたので、そろそろ個人差が出はじめてきそうな気がします^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

バービーボーイズやレベッカのころ

|
気分はグルービー 少年チャンピオンの「気分はグルービー」からミーハーではじめたバンド生活だったので、たいしてものにはならず、自転車に乗ってギターをかつぎ練習スタジオに通ったり、その後街中をうろうろするのが本番のようなところもありました^^ はじめのころには楽器屋で売っている「ディープ・パープル」の曲をコピーなどしたりしていたのですが、難しいというところで、当時流行していた「クォーターフラッシュのハードンマイハート」のギターソロがかっこいいということで、サックス奏者もいないのに変更。ギターをかついで自転車に乗れれば・・^^
それからたぶん、数年してバービーボーイズが出てきたときには、ボーカルはコンタと杏子の男女二人ですが、ともにハスキーな声で構成も似てます。今よりもバンド構成のアーチストが多く、特に女性ボーカルが多かったように思います。。 オーダースーツ Pitty Savile Rowのロゴを見ていただくと、ほぼ「REBECCA」の「R」が「P」に変わっただけなのでは・・、とお気づきの方もいらっしゃると思いますが、けっこう好きでした。。一番はじめに聞いた曲は、「76thスターで」、「REBECCA IV ~Maybe tomorrow」の収録曲。このアルバムには、ヒットした「フレンズ」なども入っている出世作。その前に「VOICE PRINT」「NOTHING TO LOSE」「WILD&HONEY」「EARLY REBECCA」という4枚のアルバムがでており、どうしてREBECCA IVなのかということは不明です。。1986年はハレー彗星が地球最接近の年。この年に前後して、同じような彗星モチーフの曲があり、ハイファイセット「星化粧ハレー」 から関心をひかれてたどりついたREBECCAでした。どうみてもあまり普通っぽくない、NOKKOのキャラクターと、売れないころには封筒貼りの内職をした・・、そこが琴線にふれはまってしまいました^^
実は、この当時20歳ぐらいだった店長は、急激に太り+20キロ、1年程度かけて-30キロという激太りのとっても怠惰な生活をしており、ファッションどころではなかったのですが、ちょうどこのレベッカが売れてメジャーになっていくと同時に、ダイエットにも成功。いまは、少々太っていようが、毛髪が薄かろうがかっこ良く着こなせるスーツがたくさんありますが、当時は痩せて色白、毛深いのも好まれない、そんなころの20歳には+30キロはなかなか厳しいところでした。。 レベッカの初期の頃の曲も、かなり聞き込み好きで、売れる前の大変だが楽しかったという封筒貼り生活と、自分のダイエット生活を思い出しいまだに胸がキュンとなってしまいます^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
チェッカーズのファッションスタイル 年末にテレビを見ていると、昔出ていた懐かしいタレントの映像を集めたような番組があり、その中にチェッカーズがいた。店長的には、このチェッカーズや松田聖子、小泉今日子などが活躍していた頃が、ちょうどこういった芸能人に憧れていた頃なので、とても懐かしかったですね。。
このチェッカーズはアイドル全盛の当時、若干硬派なイメージで、スイング感のあるリズムとビートに乗りながらシャウトするR&Bの男性グループ。世界的には、ローリング・ストーンズやアニマルズ、日本的には、久保田利伸や宇多田ヒカル、MISIA、小柳ユキなど、和田アキ子もやはりそうです。
デビュー当時から、チェック柄をモチーフにした斬新な衣装とシャウトする藤井フミヤの歌唱力でちょっと目立っていましたが、いつまでもチェックのひらひら衣装ばかりというわけにもいかなかったらしく、後年はシックな衣装にチェック柄を一部取り入れたような、おとなしめなものに変わっていったように思います。。差し色的にチェック柄をうまく取り入れたファッションスタイルは、ビジネス用スーツにも通じるものがありそうです。。 あまり多くの変化が望めないお仕事用スーツでも、差し色的に、カラードチェックや、多色使いの千鳥格子柄などをオッドベストとしてご利用いただく方法で、着こなしの巾も広がります。秋冬の今の時期なら、ウォームビズを兼ねてソフトでなめらかな手触りのサキソニー地がおススメです。サキソニーは、ツイードと同じ紡毛織物の一種ですが、メリノ種の紡毛の中でも比較的繊維の長めのものを使用して織られるため、ざっくり感を特徴とするツイードとは異なったカシミヤタッチな暖かみのある仕上がりになっています。。 色柄もカジュアル感の濃い素材も多いため、オッドベストとしてはベストなチョイス^^
カノニコ生地サキソニー

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
夜明けの刑事の鈴木ヒロミツ 年末のテレビ番組はなかなか賑やかですね。。しかし、水戸黄門はつい先日最終回を迎えてしまい、たしか同じ時間帯枠で交代に放送されていた、「大岡越前」や「江戸を斬る」、「銭形平次」はフジテレビ系だったようですが、みんな終わってしまい、時代劇ってほとんどなくたってしまったようですし、テレビ離れということなのかも知れません。 水戸黄門の時間帯枠というと、TBSで、ドラマといえばTBS。水前寺清子の「ありがとう」京塚昌子の「肝っ玉かあさん」、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」など、あげればきりがありません。ちょうど、この1970年中ごろ~80年ぐらいが小学生ぐらいの年齢だったため、ここらへんのドラマは同居老人の好みでよく見ていたような気がします^^
特にお気に入りだったのが、「夜明けの刑事」この間、You Tubeで、オープニングのテーマ曲を見つけ、懐かしく30回ほど聞いてしまいました。。世相を反映しているというのか、音楽にも緊迫感があり、曲を聴いただけで引きつけられます。
温厚な刑事役の坂上二郎と、暴走気味な若手刑事の石橋正次、この二人がよくあるデコボココンビというやつ。石立鉄男が課長的な上司で、藤木敬士がニヒルな切れ者刑事、異彩を放つのが鈴木ヒロミツ。まったく、二枚目などどこにもいないような個性派ぞろいなドラマは、その顔ぶれを見ただけで面白そうじゃないですか・・^^ テーマ曲のかっこ良さももちろん、挿入曲も哀愁を帯びた感じで、かっこ良さ=ハードボイルドな時代感。劇中歌に外人の声で「よあけーの・・」と歌っているのは、イギリスのロック歌手で有名な、ポール・ロジャースの奥さんがプロデューサーの縁戚だったための出演らしいですよ。。
スーツ的に目立つのは、鈴木ヒロミツの着ているど派手なスーツ。もともと、グループサウンズ時代には「ザ・モップス」のボーカリストなので、おしゃれなファッション通だったとは思うのですが、オーダースーツでも同じ色柄を探すのはちょっと大変かも知れません。。ただ、この領域に足を踏み入れてしまうのは、無地系なスーツを着る感覚とあまり変わらず、紙一重なところがある・・というのが、長年スーツを着てきている実感で、なにかのきっかけで選んでしまったことも、過去にあったような気がします^^

夜明けの刑事のテーマ曲

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

テーラーメイドのススメ

|
テーラーメイド テーラーメイドというと、=紳士仕立て服のように思われがちなのは、昔ながらの注文服店の看板の多くに「テーラー○×」という店名を見るからかも知れません。。少しややこしくなってしまいましたが、「テーラーメイド」は「男物仕立て」を女性目線から見た言葉で、婦人がメンズスーツのようなお仕事用耐久性素材で、かっちりめのスーツを仕立てたもの、「テーラー」は「洋服屋・仕立て屋」、また「紳士服店の裁縫士」ということになるので、看板は正しいです。。「テーラーメイド○×」だとちょっとおかしいです。 また、「テーラー」の対語は「ドレスメーカー」これは「婦人服の仕立てをする人」になります。洋裁を勉強する人のための「ドレスメーカー」的な習いものをする学校を以前には見かけることも多く、近所の洋裁の得意な人にスカートやパンツなど比較的縫製の簡単なものを縫ってもらった・・など、聞くことも多かったですが、今では自分で縫える人は貴重です。。
クールビズウォームビズをきっかけに、お仕事場も制服的な型通りのビジネススーツの傾向が若干弱まり、一般的なウール地スーツのスタイルにも変化が出来ているように思います。。とはいっても、スーツが紳士の着る衣服、フォーマル寄りな準礼装となる衣服であることには変わりがないため、好みだけで着るなんでも有りな極端に目立ったスーツというものも抵抗がありますが、一般的スーツ地であるウール製スーツも、お仕事対応の範囲内で変化をつけて着る楽しみを考え出しても良いのではないかと思います。。
カジュアル素材で快適な着心地の良さを求め、またウール地でもシルエット・デザインカスタムメイドなTPOを考慮したファッション性、効率の良さをオーダースーツで実現していただければと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ニットタイ ここ20年近くといっていいほど、ネクタイの大剣の巾には変化がほとんど見えないのですが、プチクレイズ的にファッション感覚の鋭い人には、巾狭めなネクタイが気になる頃かも知れません。。このネクタイの巾と、ラペル巾(衿巾)と、シャツのポイント長さは、ほぼ同じ寸法とするのがバランスが良く見えるもの。肩幅とこれら3部分の巾は、相対的に肩幅が広くなれば、ネクタイ、ラペル、シャツポイントの巾も広くなる関係にあり、標準体型の人の肩幅を基準とするなら、肩幅45程度に対して、ネクタイ、ラペル、シャツポイントは8~9cmが適量ということになります。。
この黄金比率からすると、タイト傾向な肩幅に対してラペルは細めなジャケットが流行しだすと、それを追いかけるように、細巾のネクタイや、剣先の小さな小衿なシャツが気になるようになります^^
アイビータイもアイビー調ジャケットの衿巾が狭いために、バランスの良いものですね。。店長が以前していた細巾のネクタイは、スクエアエンドのニットタイで、色は濃紺のもの。巾はやはりアイビータイとして標準的な5cm程度のもので、細巾ですが結び目がキュッとしまるのでネクタイピンなども必要でなくおさまりがいいです。。ネクタイが細くなるとちょっと存在感が薄くなるので、ニットタイとかウールタイなど若干重めなものを合わせます。こういったカジュアルなタイにはフォーマルっぽいタイピンはさけたいところ。シャツも衿が小さくなると衿腰も低くなり、細巾のネクタイともぴったりです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
pitty_logo01.gif





オーダースーツ Pitty Savile Rowは、ネットショップのサイト開設と同時に始まったお店。。当時、注目され広く普及されはじめていた、イタリアの伝統的縫製服業界の見本市ピッティ・イマジネ・ウォモと、英国ロンドンの高級仕立て服屋街、背広(せびろ)語源にもなったと言われているサビル・ロウからいただいたものです。。そのころは、スーツはほぼクラシコイタリア一色のため、ピッティだけでも良かったのですが、クラシコスーツばやりがすたれた時には・・と不安になり、英国調サビル・ロウを付け足しました^^ ネットでは3年営業していれば老舗といわれるぐらい撤退してしまうお店も多く、某大手ショッピングサイトでは、業種によっては9割以上が1年以内にやめています。
10年以上ネットで営業させていただいているPitty Savile Rowの強みは、もともとが独立してぼちぼちやろうと始めたサイトのため、サイト内テキスト・バナーなどサイト製作から運営、オーダーフォーム的CGIプログラムの設置、いわゆる検索エンジン適正化のためのSEO対策、もちろんお客様とのメール応対のすべてをほぼ一人でさせていただいているので、対外支出が極力抑えられ、その経費節減がお仕立て上がり価格にも多く反映されているためだと思いますよ。。
また、価格面だけではなく、10年以上メール対応を毎日させていただいている店長自身が応対させていただくことができるため、担当者が変わってしまったり、経験の浅い社員さんに不安になったりということもありません。。お客様もご自分の作りたいスーツのことをよくご検討された上で、時間のあいた時にメールをしていただくことができるため、ほぼイメージ通りのカスタマイズスーツを楽しんでいただけますよ^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

コートのシルエット、デザイン

|
テーラード・コート テーラードで仕立てるコートは、ステン・カラーコートバルマカーン・コートチェスターフィールド・コート、まれにトレンチ・コート。ご希望のデザインでお仕立ていただくことができるオーダースーツですが、コートのご注文というのはそれほど多くなく、体型的な不具合もあまり出ないアイテムなので、オーダーまでして・・とお考えの方も多そうです。デザインなども既製服は大量に出回るもののため、部分的に凝ったものを見ることがありますが、オーダー的なおススメは好みにあった生地で仕立てられること、既製コートではまず見られないような色柄の素材使いのコートが作れるというところ。。
オーダーのコートで使われる素材は、基本的にはスーツ地としてお選びいただくことができるどの生地でもお仕立ていただくことができるのですが、コートは防寒用目的のもののため、厚手で暖かい素材、しかもスーツの更に上に着るものなので、軽いものが理想的。スーツと共生地でジャケット+ベスト+パンツそしてコートを仕立てる4ピーススーツというコーディネートもあって、これもすっきりとしたお仕立て上がりで人目を引くものだと思うのですが、一般的にはざっくりと軽いツイードやサキソニーなどが向いてると思いますよ。。
基本はステンカラー・コートでも、背はヨークに、背バンドもつけて、トレンチコートっぽく、袖先にストーム・ストラップ、エポーレット(肩章)、肩先が楽なようにラグランスリーブ、スーツのようなうち抜き釦も、少し大きめのコート用釦を見せたいところですが、防寒対策なら比翼仕立てに。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

自分モデルのスーツをビスポークする

|
ビスポークテーラー 既存のシルエットパターンを微調整してお仕立てするスーツのことを、パターンオーダーとかイージーオーダーなどといって、オートクチュール的なフルオーダーメイドのスーツとはオーダースーツの中でも対応することができる範囲が異なります。。 簡単に言ってしまえば、フルオーダーは、「型紙から起こす本当の意味でのパーソナルオーダー」、パターンオーダーは「バスト-ウエスト寸法から計算されるY体、AB体などのドロップサイズと、バスト2cm刻みで作られている既存パターンの中から、一番体型にあったものを選び、対応できる範囲の微調整を加えてお仕立てする」ものになります。。
パターンオーダーは、フルオーダーに比べ寸法、デザイン指定などで調整できる範囲が少ないとはいえ、肩幅、袖丈、パンツウエスト、モモ巾(ワタリ巾)、ヒザ巾、裾巾など全ての基本採寸項目でピッチ5ミリの調整が可。ただ、あまり既存パターンから掛け離れた調整はできません。。例えば、極端に大きな肩幅に対して、胴回りを極端に詰めるというようなものや、ヒップ寸法に対してモモ巾の過度な調整など。
また、縫製ブランドの規格として、クラシコスーツのシルエットパターンでは、セミピークの衿は対応不可とか、半裏仕立てにお台場は無理とか、縫製工場の規格にはまらないものには制限ができてしまうのも、パターンオーダー的な特徴のひとつです。。
何でもできてしまうというのも、言いすぎですが、Pitty Savile Rowでお仕立てさせていただくビスポーク仕様のスーツは、スーツをお仕立てする際、型紙から起こすパーソナルオーダーになりますので、細分化されているとはいえ、一般的に基本パターンから2cm前後の調整にとどまるパターンオーダーにはできない調整、デザインでもご希望に沿うことができます。。何度かスーツをお仕立ていただくうちに、更に着心地を増した型紙寸法を半永久的に保存できるのも、ビスポークラインスーツ。使い古されてしまったオーダースーツっぽい表現ですが、体に吸い付くようなフィット感もより実感していただけますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

モダンディなファッショントレンド

|
modandy.jpg ファッション雑誌を見ていると、今どきのファッション傾向を一つのキーワード的用語で表現しようとしているようなところがあり、モデルと一緒に雑誌の表紙一面を飾ることがよくあります。。大体が二つのファッションに関係のある用語を掛けあわせたもので、なにをつなぎ合わせたものかわかりやすいほど良い新ファッション用語なのではないかと思います。
この間見たのは、「モダンディ」。「モダン」で「ダンディ」なメンズファッションがコンセプトなのがすぐわかります。。しきりにこの「モダンディ」路線で雑誌を構成しているのが、メンズ雑誌でも老舗な「メンズクラブ」。ご愛読者な方も多いと思います。オーダースーツ屋的にも、お客様の層がハイレベルで近く、またオーソドックスでコンサバな編集から、長く親しんでいる雑誌で、店には最新号がさりげなーく置かれています^^ しかし、この「モダンディ」だけはちょっと恥ずかしかったですね^^「モダン」って使うのはモダン焼きぐらいですし、ダンディーなんて、ダンディー男爵ぐらいな感じで。。 若い頃にはこういったファッション雑誌にはとにかく影響されることが多く、見たもの全て真似してしまうぐらいの勢いだったのですが、だんだんそれに慣れてくると、良い意味でファッションを自分なりに吸収し、それほど流行に左右されることが少なくなってくると、部分的にはトレンドを取り入れても、常に自分のスタイルを演出するのが上手になってきます。。
ファッション雑誌などを読んでも、ファッション用語のオンパレードでちょっとわかりづらいことが多く、「ちゃらいな・・」「どんなワカゾウが書いているんだ・・」なんて思い始めたら、もうオジサンなのかも知れません^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ストーブパイプ型のパンツシルエット

|
ストーブパイプ型のパンツ ストーブパイプなどというと、ずいぶん洋風なクラシックなイメージでこれから寒くなるシーズンには耳に残るファッション的なキーワードです^^ストーブパイプは、屋外に排気するための円筒状の筒で、昭和初期のまだ風呂をガスで沸かしていたような時にも、風呂場から直角に突き出ているものがそんなものだったはず。。その細身のシルエットに形が似ていることから、モモ巾~裾巾まで差寸の少ない(ほぼ同寸の)細身のパンツをストーブパイプ・パンツと呼んでいます。。このストーブパイプ型のパンツは、パイプの軸のような細身のシルエットをしていることから名づけられたアイビーリーグ・パンツのパイプドステム・トラウザーズと同じ型をしています。
また、アメリカではシルクハットのことを、ストーブパイプと呼ぶのですが、これもクラウンの高さが18cmにもなるものがあることからの名前です。。
アイビースタイル風のパンツを作る場合、もちろん体型にもよりますが、ノータックの細身のモモ巾に対して裾巾20cm前後。モモ巾を20cmとすることは幼児~小学生でもない限り無理なので、忠実にストーブパイプっぽいシルエットのパンツとするためには、裾巾とモモ巾のバランスが同じぐらいとなるように体型と相談しながら寸法を決めていくのが大事かも知れません。。形的にアイビーパンツはビジネススーツ用としても普通にはきますが、均等に円筒のシルエットをしたストーブパイプ型のパンツの場合にはどちらかといえば少し遊び着的なテイストのスーツに向いているのではないかと思いますよ。。カジュアルパンツならパンツの前折り目(クリース)を付けない仕立てというのもおススメです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちファッションカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビジネススーツです。

次のカテゴリはベストのデザインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ