カレンダー

« 2017年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ネットからオーダーの最近のブログ記事

http://pitty-savile-row.com/ ご自分でご採寸いただきご注文をいただくオーダーのほか、前回寸法から微調整のご依頼をいただく際、どの部分を採寸するかなど、丁寧に補足させていただくページをご用意させていただきました。。
また、合わせてヌード寸法をご採寸いただく方法も詳細にご説明させていただいておりますため、ご注文いただきます際のご参考事項としてお知らせいただければと思います。。

例えば、ご愛用スーツ寸法がもう少しとお考えの場合などにも、ご愛用スーツをお送りいただき、合わせてヌード寸法をお知らせいただきますことで、よりフィット感の高いスーツ寸法をご提案させていただくなど、よりご着用感の良いスーツをお仕立てさせていただきますのに効果的です。。

オーダー採寸

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
生地サンプル・カタログページが使いやすくなりました。 お客様のご希望からお送りさせていただくようになりました、オーダー生地のサンプルチップご送付サービス。はじめの頃は生地点数も少なかったため、プルダウンメニューからお選びいただきやすかったのですが、お取り扱い生地数・公表は600程度、実数は数えたことはありませんが、1000点を軽く超えていると思います。。
そこで、生地サンプルをお選びいただく際に、2段階表示とさせていただき、はじめに上段のプルダウンメニューより「生地ブランド」を、つぎに下段のメニューより「ご希望生地」を。上段の「生地ブランド」をお選びいただくと、限定された対応サンプルが下段メニューに表示されるので、グッと探しやすくなりました。。
例えば、ネイビーでビジネススーツを仕立てたい場合の生地選びに、同じイタリア生地でも、カノニコアンジェリコでは、生地の重さや光沢感なども若干異なるため、手元で生地確認や、同じカノニコの紺系から、「濃紺無地」「紺無地」の濃淡の差を確認したい・・など。
ご発送はご依頼いただきました翌日には、ほぼ発送させていただくことができますため、前日夜にご依頼いただいたサンプルチップが、一日はさんだ翌日あさってにはお手元に。。
※お急ぎの場合には、限りなく忠実に色再現されたご掲載生地から、直接ご注文いただく方法をご利用いただくことも多いです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
2014春夏物最終売りつくしセール・開催中です!! 先週よりスタート、2014年春夏物最終売りつくしセールはサイトご掲載品のほぼ全てがセール対象!!
例えば、とてもお買い得感の高い高級イタリア服地・カノニコのスーツお仕立て上がり価格¥42000に対して【5%オフ】!!加えて、Pitty Savile Rowの通常特典としてご案内させていただいている【現金代引き3%オフ】をご利用いただくことで【合計8%オフ】のお値引きをさせていただいております。。
また、オーダースーツならではご指定いただくことができる多くの無料オプションをご利用いただくことができる上、本水牛ボタン無料やその他セールオプションも併用してお選びいただけます^^
盛夏用としてご着用いただける、ビジネススーツ|クールマックスエドウィン・ウッドハウス|サマーパナマエドウィン・ウッドハウス|サマーコンフォートや、夏のビジネスパンツ兼用でご着用いただけれう2パンツスーツ、春夏~秋口までの3シーズン用スーツや、人気のベスト付き3ピーススーツなど。。
サイト内のご掲載価格は、全て税込み価格で表示させていただいており、お納め時の送料無料・代引き手数料も無料のため、お仕立て上がり価格がご決済価格^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
メールのお客様限定セール 毎週金曜日にお送りさせていただいているオーダースーツPitty Savile Rowのセール内容をメインコンテンツとするメールマガジンには、ご登録いただいている方限定にお知らせできるお買い得な情報がいっぱい。。
例えば今週末にご案内させていただいている内容をご案内させていただくと、オーダースーツ、オーダージャケットオーダースラックスなど、もちろんベストでも可ですが、追加購入をいただいた場合の、カノニコSuper120'sでお仕立ていただくオーダースラックスが¥15750でお仕立ていただけるというもの。。ご注文フォームをご送信いただきました後のサンクスフォーム下段に、お値引き後価格でお仕立てさせていただくことができる専用のオーダーフォームが現れます^^
カノニコスラックスの対象柄は4点限定、黒紺・紺・チャコールグレー・ライトグレーのどれも無地の4色。替えパンツや、ビジネス用スラックスとしてご利用度が高い定番色柄を特別価格で。。
また、まだまだ寒いこの時期ですが、春夏スーツの生地柄が続々と入荷中。。厳選させていただきました舶来高級ブランド服地ばかり17銘柄を計150点を秋冬に続き、春夏ものセールとしてご案内させていただきました。。
中でもおススメしたいのが、エルメネジルドゼニアのクールエフェクトと同じ原理でスーツ生地の表面温度を下げ、夏の衣服内・体感温度を快適に保ってくれるイタリア製服地・REDE ICESENSE。 ピーター・イングランドからは、キッドモヘアを高い混紡率で交織し、さらにカシミア混とすることで独特の光沢感、風合いをもつ贅沢な服地をご用意。。

Pitty Savile Rowメールマガジンに登録してみる!!
カスタムライン・ブリティッシュスーツ対応表 Pitty Savile Rowでお仕立ていただく際にご利用いただくことができるスーツシルエット・デザインご指定、お見積もりフォーム。。例えばダブルスーツにセンターベントは合わせないや、縫製上組み合わせることができないもの、半裏仕立てにはタバコポケット広見返しには更にペンポケットも付けられないなど、その他各縫製仕様のガイドラインに沿ったお仕立てを、ご希望シルエット・デザインをお選びいただく過程で可能にしてくれるオーダーフォームです。。
今回、このデザインフォームからお選びいただくことができるカスタムラインのフロントデザインに大きな変更があり、いままでブリティッシュスーツでお選びいただくことができなかった、ダブル6釦1掛(ボタンワンダブル)や、特にアメリカントラディショナルモデルには、シングルスーツ、ダブルスーツのほぼ全てのフロントデザインに対応させていただくことができるようになったなど、更にカスタマイズ度を増したカスタムラインとなりました。。
オーダーフォームのジャケットシルエット項目の各シルエット、クラシコスーツやブリティッシュスーツのテキストをマウスオーバーしていただくと、ポップアップで対応のジャケットシルエットをご確認いただけます。。
ショートナローだけは、いまのところシングル2釦、1釦のみのご対応。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
秋冬物スーツ・ジャケット最終売りつくし 明けましておめでとうございます。。
新しい年もはじまって数日。お仕事はじめからお休みの間にたまってしまったお仕事に追われている方も多いのではないでしょうか。。
Pitty Savile Rowは、この年明けから秋冬もののスーツやジャケットをお仕立て上がり総額より5%オフ。オーダー生地をご案内させていただいているサイトプログラム・右サイドバーにある対応のオーダーフォームよりお選びいただきた生地でのスーツ・ジャケットなどお仕立て上がり価格をお見積もりいただけます。。
また、この5%オフに加え、現金代引き特典をご利用いただきました場合は更に3%オフのお値引きをさせていただくことができますため、合計8%オフのセール価格。。当店スーツはハリスツイードジャケットも¥39900より、イタリアの高級服地カノニコも¥39900よりと、「生地代と縫製料を加えたお仕立て上がり価格?」と電話でのお問い合わせをいただくことも多いお値ごろ価格なため、お買い得感もいっぱいです。。
現金代引きご利用でのお値引きは他店様ではあまり見ないサービスだと思うのですが、顧客様の多いオーダースーツをネット展開させていただくにあたり、公開当初からのもの。また、特別価格でのお仕立ては、サイト制作・運営・管理などのすべてを自社運営させていただいているため、実現させていただくことができますご奉仕価格となります^^
是非この秋冬シーズンもPitty Savile Rowでかっこ良いスーツをお仕立て下さい。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
20131221_order-form.jpg Pitty Savile Rowのサイトの中で気に入った生地を見つけていただいた際、一番簡単にスーツをオーダーしていただく方法は、ご愛用スーツの中から一番寸法的に合ったお気に入りスーツを当店あてお送りいただく方法。。お問い合わせフォームなどからご発送先、お名前等をお知らせいただけば、スーツをお預かりさせていただく搬送箱と当店あて着払い伝票をお送りさせていただきます。。
当店でスーツをお預かりさせていただきました後は、お預かりスーツからジャケットシルエットデザインなどをおススメさせていただき、お見積もり等についてご確認いただきました後、縫製にかからせていただくことになります。。
また、当店でご注文をいただくほとんどの方がご利用いただいております、スーツのデザインフォームをこの秋冬シーズン半ばに少しの改良をさせていただきました。。各デザインフォームからお選びいただくオーダー生地を一覧でご確認いただくことができるようになりましたので、より使いやすくご利用いただけると思いますよ。。
オーダースーツ縫製上、組合せのできないデザインにはエラーチェックがされるようにプログラムされておりますので、よくお問い合わせをいただく「おかしなデザインでは??」のご心配もありません。カスタマイズ度の高いスーツをご希望の方は、フォーム上ではご紹介しきれないデザインも備考欄からご対応。。逆に、オーソドックスなビジネススーツをご希望の方は、ジャケットシルエットのクラシコスーツブリティッシュスーツレギュラースーツなどをお選びいただき、セレクトメニュー内(標準)とあるものをお選びいただくのがおススメです。。
※幾種類かのフォームがございますので、ご注文生地ページ・サイドバーなどよりお選び下さい。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
オーダースーツのサンプル生地を取り寄せる オーダースーツ Pitty Savile Rowでは、秋冬シーズンからお仕立ていただく生地の一部をお選びいただきやすいように、スーツ・ジャケットパンツ用生地のサイト内ページを作成中です。。
いままで、あちこちに点在していたサイト内の生地ページをひとつのプログラムとしてサイドバーからご確認いただくことができるようになるので、スーツ生地等の生地選びが楽になると思いますよ。。
また、濃紺スーツのご新調を予定しているのだけど、カノニコのSuper110'sの濃紺無地とハリソンズ オブ エジンバラの濃紺無地では、片方はイタリア服地、もう一方は英国服地、織られている糸も違い、画面で見ても織り感が違うのはわかるけど・・と、迷ってしまった方はお気軽に生地サンプルをご依頼いただければと思います。。
デジカメも性能が良く、また生地撮影には細心の注意をさせていただいておりますが、お時間のある方にはおススメです。。(※ご掲載生地の一部にはサンプルをご送付できないものがございます。)
目付けと言われる1平方メートルあたりの生地の重さや、Super表示でわかる使用糸の太さ、イタリア製、英国製など産地である程度分類される生地的特長など、ビジネススーツ標準のネイビーやグレーの無地でも各ブランドで展開しているため、種類も豊富。色の濃淡、ストライプ柄、チェック柄が加わり、スーツシルエット、デザインなどまでお好みに選べるオーダースーツはちょっとだけカスタマイズするだけでも、充分な満足感をご実感いただけます^^

夏の終わりから秋にかけて着るスーツ

|
Ha_fr_title.jpg 近頃お客様からも耳にすることが多い「一年を通して着ることができるスーツ」。気温が0度以下~35度を超える夏の暑い時期まで、丸一年ご着用いただくことができる服地はなく、裏仕立てや裏地素材など仕立て方を工夫しても難しいところです。 各服地ブランドでオールシーズン向きとして展開している服地も、春夏に見ると若干厚手、秋冬に見ると若干薄手なもので、厳密にいえば春夏秋の3シーズン、春秋冬の3シーズンというのが本当のところ。。
Pitty Savile Rowで新しく掲載させていただきましたハリソンズ オブ エジンバラ(Harrisons of Edinburgh)という英国服地のマーチャントの銘柄フロンティアが、この春秋冬用3シーズン向きスーツとしておススメ素材。目付けと言われる1平方mあたりの重さが300gというのは、薄手な春夏服地が200~250g、ハリスツイードなどざっくり厚地なツイード生地が450g、極厚地なドネガルツイードが600gを超えるものもあることを考えると、長くご着用いただくビジネススーツとしては最適な重量だと思います。。
この時期お仕立ていただくスーツには、濃い目の生地で選ぶ春夏もの最終スーツに、 裏仕立てを総裏仕立てなどもご着用期間が長いです^^
また、毎シーズン時期早めのサービス価格でご案内させていただく秋冬早期セールは38800~、グロレックスのSuper150'sカシミア混がお仕立て上がり¥42000、ドーメル¥52500など33柄も掲載させていただきました。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
orderform_sample01.gif 生地の問屋さんなどはもう8月の中旬ぐらいから秋冬シーズンの生地について、サンプルや見本など忙しい時期。Pitty Savile Rowのようなお店も、そろそろ準備をしなくては・・という頃。9月に入ってくると急にお店もエンジンがかかりだし、特にネットを運営しているようなところは、店頭だけでなく掲載商品の撮影やご案内など、忙しさだけは倍になってしまう感じです。。
現在多く流通している生地素材は、以前のものに比べて秋冬物でも薄いため、夏終わり~秋口にかけての比較的早い時期からご着用いただけるもの。気候の変化やクールビズウォームビズなどのビジネス環境の変化から、スーツもできるだけ長い時期着れるもの・・というように変わってきています。ここからまたシーズンが進み、11~2月の本格的な冬を迎える頃には、ハリスツイードフラノ、クラシックなカントリー調、暖かみのあるコーデュロイが注目を集めます。
この秋冬シーズンからはPitty Savile Rowではオーダーフォームを少し変更しました。できるだけ多くの情報量をご案内させていただくため、デザイン画像をマウスオーバーのポップアップでご確認いただくことができるようになったり、現金代引きご利用のお値引き後価格も自動計算されるほか、以前フォームを見直すうち、「これも載せて置かなくては・・」という、オーダーできるデザインもかなり増えました^^
あまりスーツのことについて詳しくない方には、若干盛りだくさんな内容ですが、スーツオーダーについてのご不明点を浮き彫りにするための踏み絵→お問い合わせに、是非お役立ていただければと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
シングルジャケット ネットでスーツを注文する。しかもオーダースーツ・・というと、まだまだインターネットもパソコンの普及台数も今ほど多くなかった頃には、ネットショップの種類の中でも馴染まないほう・・、とよく言われましたし、「オーダースーツなら採寸方法は?」とお店にくるお客様にもよく聞かれました。。
その点のご案内は慣れたもので、「一番お客様にとって着心地の良いスーツを送っていただき、その寸法を基本にお仕立てします。ご愛用スーツの往復送料も無料、スーツサイズの搬送箱をこちらから送らせていただくので、ご用意いただくものはなにもありません。」というと、ほとんどの方がその時点でご理解いただけ、店内に積まれている搬送箱を見て更に納得していただけるという感じです。。
ネットからPitty Savile Rowをお探しいただけた方というのは、ご自分からキーワードを検索エンジンの検索窓に打ち込む、というオーダースーツその他関連用語について関心のある方なので、ファッションについてよくご存知だったり、またスーツについてお困りの方も。。
シングルジャケットはビジネススーツやコットンスーツリネン・麻スーツなどカジュアルスーツ用のフロントシルエットとして基本中の基本とはいうものの、ブリティッシュ、クラシコなどどのスーツシルエットで仕立てるかを考える時にも共通、サイトを公開したときのメインといえるコンテンツも、このフロントシルエットのことがほとんどでした。。
to be continued

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カスタムメイドスーツ Pitty Savile Rowでは、はじめ現在ビスポークラインとしてご案内させていただいている縫製ブランドのみでオーダースーツをお仕立てさせていたのですが、インターネット上の広い範囲でいただくお問い合わせ、ご希望などから次第にビスポークラインのみの縫製仕様では対応することが難しくなり、カスタムメイドスーツ、Ex-madeスーツと縫製ブランドを探すうち自然と厳選されたお仕立てをさせていただくことができるようになりました。。
どこのオーダースーツ店でも、長くやっていると提携店的な関係にあるメインの縫製工場では対応することができない、特殊なシルエット・デザインや、至急品などに対応するための縫製工場との関係ができてくるものだと思うのですが、それをサイト上に反映させ、ご利用いただく方の選択肢を多くさせていただいた、というところだと思います^^ ビスポークラインは、「スーツ製作のための型紙から起こすため詳細なデザインにも対応でき、また芯地・付属もしっかりと入るフィット感重視な重厚なお仕立て上がり」、カスタムメイドスーツは、「多くの種類のシルエットデザインに対応することができ、オプション類も豊富。洗練されたきれいなお仕立て上がりが特徴的な本格的オーダースーツ」、Ex-madeスーツは、「対応シルエットは少ないものの、袖シルエットや釦位置調整など小回りがきき、軽いご着用感と着るだけでファッション上級者に見えるドレッシーのお仕立て上がり」
お好みオーダースーツ生地をセレクト、ご希望に合ったシルエット・デザイン対応の縫製ブランドで仕立てるスーツは、お客様がお考えになる素材・縫製・デザインのすべての条件をクリアできるものなのではないかと思いますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
エンジ市松柄キュプラ裏地 オンラインで生地を選び、気になる生地は2点までのサンプルチップを取り寄せてご確認後お仕立ていただくことができるPitty Savile Rowのオーダースーツ。縫製は3種類の縫製ブランドをご用意させていただいているので、テーラードでできる範囲内のお仕立て仕様はほぼ網羅させていただいているのではないかと思います。。
中でも、クラシコスーツ、ナポリクラシコスーツ、ブリティッシュスーツ、トラッドスーツ、タイトスーツほかバルカラー、マオカラー、比翼仕立てなどの衿型、特殊仕様も含めれば10種類のジャケットシルエットでオーダースーツをお楽しみいただくことができるカスタムメイドスーツ。このカスタムメイドラインで体型増しもない専用素材をお選びいただき「釦・裏地指定なし」専用のオーダーフォームからご注文をいただきます場合には、-¥2100の特別割引をご用意。「釦・裏地」は、本水牛釦やナット釦でスーツに高級感を与える、メタル釦でブレザーとして、光沢感のあるキュプラ裏地や柄裏地をちょい見せしたい、などスーツをカスタマイズするのには欠かせないもののひとつ。この「釦・裏地」を選べなくては・・、と敬遠しがちな方もいらっしゃる一方、一般のビジネススーツでは、「スーツ表生地に自然にセットされる同系色の釦裏地で十分、しかも割引なら・・」
ひとつご注意いただきたい点は、この「釦・裏地指定なし」仕様でお仕立ていただく縫製の場合には、対応させていただいているジャケットシルエットが6種類と若干の制限があり、オーダーフォームに掲載されていない部分での細かいご依頼に対応させていただくことができない点があるところ。ステッチをジャケットフロント部分のみでなく、肩線・ベント・袖・胸ダーツなどにまで入れる総ステッチや、お台場仕立ての中でも剣先台場など。また、「釦・裏地指定なし」のほうが、若干納期が遅めという縫製日程の違いもあります。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

成功するネットでスーツオーダー

|
classico01_S.jpg 暖かくて過ごしやすい日が多くなって、もう寒すぎる日に大きく逆戻りする日というのはなさそうな感じです。。Pitty Savile Rowでも春夏シーズン素材は目新しい素材を少しずつ追加させていただきながら、一通り揃ったところです。
オンラインでお仕立ていただくオーダースーツは、ご愛用のスーツ寸法が基本。そこから更に着心地良く寸法調整させていただくこともできるので、安心しておまかせいただけるオーダースーツのご注文方法です。。お送りいただくスーツから採寸させていただくのは、ジャケットの着丈・袖丈など長さ寸法のほか、肩幅、ウエスト位置で測る半胴寸法といわれる胴回り寸法。パンツ寸法では、パンツの上端から裾まで測るパンツ総丈寸法、股下寸法。股上寸法は、採寸しづらい部分なため、このパンツ総丈寸法から股下寸法を差し引いて計算されます。。パンツ寸法を長く調整したい場合、裾で長くしたいのか股上部分で調整したいのかは、履き心地やシルエットに影響するところなので、ご検討されたお考えをお知らせいただくことで対応させていただけるのがオーダースーツの良いところです。。
あとは、パンツのシルエットを作るためのモモ巾(ワタリ巾)・ヒザ巾・裾巾を採寸させていただいて終了です。。この基本寸法から、高めのゴージ位置・ゴージ角度、高めの胸ポケット位置・ウエスト位置、自然にフレアーしたフロントカットを特徴とするクラシコスーツ、ゆとり量をゆったりめとし、胸ダーツなしのボックスシルエットを特徴とするトラッドスーツなど、お選びいただいたジャケットシルエットでかっこ良いスーツをお仕立ていただくことになります。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カウチポテト 店長などは昔でいう「カウチポテト」、更に古くは「こたつブタ」といわれるほど、出不精であまり外に出ず一人でひっそりと過ごすのが好きなほうなため、今どきいうところの「巣ごもり」というのは得意なほうです^^今でも若いのですが、ずっと若い頃には洋服購入に没頭する日々などもあり、思い出すとほとんどがデパートや郊外店などの洋服店まわり、そのデパートに翌週出かけるための洋服を今回購入するなど、もともと家にいる時間が長い人には疑問の残る生活スタイルだったようで、あまり長続きしませんでした^^ そのため、今でも持っている衣服は、手前味噌的なスーツやジャケット、せいぜいがカジュアル素材で仕立てたパンツなどのため、ちょっとよそ行き的な衣服には困ることがあり、おしゃれなファッション衣類を中心とした生活をしなければならない、オーダースーツ店の店長としては、生活スタイルとその性格から改善する必要があるかも知れません。。
こんな店長ほどではないとしても、ラブラブなカップルや、仲良しのご夫婦などにはおススメなのが、ご自分の部屋、PCからネットで選ぶオーダースーツ。彼女に選んでもらったスーツを毎日着ることができるというのは、なんとなく幸せ気分に包まれてしまいますし、それを頼まれる彼女というのもなかなか幸せな存在です。。ご主人にとって奥さんほど似合う素材・色柄、好みまでわかってくれている人はいないはず・・^^なんでも自分で決めてしまうご主人にとってみても、奥さんからのアドバイスは、思いがけない目新しさあるかも知れません。。
また、Pitty Savile Rowでは、メンズスーツのほかレディース仕様のスーツ、ジャケットなどもお仕立ていただけますので、休日カジュアル用の、コットンリネンで仕立てたスーツやジャケット、パンツなどお揃いアイテムでお出かけなんていうのも楽しそうです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カスタムメイドオーダー Pitty Savile Rowでスーツをお仕立ていただく場合の多くの方の採寸方法は、お客様ご愛用のスーツをお送りいただき、その寸法のまま、または寸法に微調整を加えてさらに着心地良い寸法とするもの。これは既に形のあるジャケット、パンツのシルエットや寸法をもとに調整まで加えることができるという意味で、フルオーダーの際にご利用いただく「仮縫い・中縫い」にも値するものです^^
「仮縫い・中縫い」は、まず「ヌード寸法を採寸」→「寸法確認のための弱い糸でしつけたスーツを製作」→「その仮縫いスーツをもとに微調整」という段取りになり、ご来店回数が3回、しかもフルオーダースーツは一般に高額となり、消耗品的耐久素材の側面もあわせもつビジネススーツにそこまでの時間と費用を・・というところから、既製スーツの普及とともに古くからあるオーダースーツ商店は斜陽していったというところもあります。 ネットからご注文をいただくオーダースーツは、その良いとこ取り^^お送りいただくご愛用スーツから寸法がわかり、しかもその方のお好みのスーツの傾向もいっしょにわかってしまいます^^お値段も3万円前後からお仕立ていただくことができるため、お仕事用のスーツとしてもやさしいお値段。。
また、お近くの方がそのままスーツをご持参いただいたり、ヌード寸法を採寸させていただく際のスタイルで、少し気になるのがジーンズなど極端に股上が浅かったり、スーツ用スラックスとさせていただくのには参考寸法とならないカジュアルパンツのスタイル^^なかなかご希望とするスーツのイメージも伝わりづらくなってしまいます。。現在ご着用スーツにちょうどぴったりな寸法のものをお持ちでない方も、「丈寸法はそのまま、まわり寸法の調整用スーツとして」ご持参、お送りいただくというのがおススメです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ネットからスーツをオーダーする

|
gw2012.gif この春夏シーズンもサイト掲載させていただく生地も揃った感じです。。お仕事用のドレスコードも変化するなか、オーダースーツでお選びいただくことができる上下揃いのビジネススーツをはじめ、ジャケット+パンツのセパレートで着るジャケパンスタイルテーラードジャケットテーラードのパンツなど、組み合わせ的コーディネートにも柔軟に対応できてしまうのが、生地からお選びいただくことができるネットのオーダースーツ。。ジャケットシルエットや豊富なオプション類をお選びいただき、寸法はご愛用スーツをお送りいただいたり、ご自分でスーツをお仕立てさせていただく際の基本項目を簡単に採寸していただく方法など。。生地はブランド、種類とも豊富なネット掲載の生地、この春からは気になる生地のサンプルを2点までお送りできるようになりました。。
なんとなく高そうで敷居も高めなオーダースーツ店舗のため、ネットからはじめてオーダースーツ、という方も多くいらっしゃいます。。自分も、はじめてスーツをオーダーした時には、デザインや寸法的なところでずいぶん迷い、ようやく縫製指図書を書き終えてからでも「やっぱり、あそこはこーしていたほうが・・」など、思い返すことがたびたび^^寸法・デザインの訂正ご依頼は基本的には、縫製工場投入後は難しく日程との勝負になってしまいます。。たまたま、生地発注その他に時間がかかっていたり、縫製のすすみ具合に余裕があるときなどには大丈夫なのですが、通常はご注文後1~2日内営業日のうちには縫製工場内の作業工程をまわることになります。。
オーダー見積もりの際にデザインをご確認いただくことや、その後自動送信されるオーダー内容をご確認いただくことで、ケアレスミスのようなことはほぼいただくことがありませんので、それほど神経質になられることもありません^^近頃は、ネットからなにかを購入される機会も日常的なことなので、慣れた方も多いのかも知れませんね。。
もうじき、楽しみなゴールデンウィークも近いです。。行楽用の外出着に、テーラードでお仕立ていただくコットンスーツリネンスーツ、まだまだ日程的には間に合います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

個性的なビジネススーツを仕立てる

|
釦穴色糸白色 スーツ用の生地として使用されるウール素材が、耐久性、難燃性が高く、染色がしやすい。春夏は吸湿性、秋冬は保温性があるなど、ファッション性はもちろんですが、制服的なお仕事用耐久素材としての一面の濃いものなため、個性を出すというのは、あまり出しすぎても・・と、職場のドレスコード上、使う方も多いのではないかと思います。。
しかし、学生服でさえ自分で仕立てたり、その着こなしに多くの工夫をする学生さんがほとんどな中、大人が型どおりの標準スーツで・・というのもちょっと面白くありません。。 ネットからご注文をいただく方はとてもファッションに関心の高い方が多く、とくに当店では大手ネット商店街や、ショッピングサイトなどへは加盟せず、ほとんどが検索キーワードから関心を持っていただく方が多いため、余計かも知れませんね。。また、10年近くネットを中心にご注文をいただいているサイト内容やオーダースーツ用のフォームは少しずつスーツマニア的に詳しくなってしまったため、初心者の方には難しいところもあるかも知れないのですが、そんな時にはお気軽にお問い合わせいただければと思います。。 基本的には、オーダーフォームに沿ってご入力いただけば、スーツ各部のデザイン、シルエットをお選びいただくことができるようになっております^^
ほんの少しだけ個性的なビジネススーツへのご提案は、色糸指定の仕方です。。特にご指定いただくことが多い袖穴、袖切羽の色糸指定は、「袖先のみ色指定」「袖先に向けて明るくグラデーション」など。これだと、少しどころでなく目立ってしまうため、大人しめに・・というときには、スーツ生地よりも少し明るめとか暗め・濃淡で差をつけると自然です。。寸法的に「ジャケットの袖丈を短く、シャツカフスを出す」「ウエストの絞りをきつく」「着丈を短く」というのも、既製スーツには対応することが難しいオーダースーツならではの個性的なところです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
water_proof.jpg 日本の高い技術で織られる国産服地の品質はもちろん申し分のないものですが、背広文化の長い英国、イタリアを代表する欧米諸国の服地、なかでも高級ブランド服地というものの品質には特別なものがあります。。ただ、国産品にもいろいろあるように、英国製、イタリア製だからといってもその品質の巾は広く、中でもPitty Savile Rowでご案内させていただいている生地銘柄は、世界的にも名前の知られているいわゆるVIPご用達。Super表示の細糸で織られた繊細でなめらか、光沢感のある生地や、原毛段階から品質を厳選され徹底管理のもと生産される毛織物です。
ここ数年多く生地表示に見られるようになったナチュラルストレッチは、ウール100%や混紡素材などの生地品質はそのまま、織りだけで伸縮性を出したもの。タイトなスーツに限らず、動きやすさを自然にサポートしてくれます。「ストレッチというとなんとなく抵抗が・・」「スーツ生地は伸びなくてもいい・・」という方にも、見た目、風合いはまったく通常のスーツと変わりがないので、その機能性だけ便利にご利用いただければと思います。。
英国製GLOREX(グローレックス)他に取り入れられている撥水加工は、スーツ生地に水分が染み込まないようにはじいてくれるハイテク加工。「梅雨時の足元」や、「コーヒーをこぼしてしまったとき」、「ごはんのつゆが飛んでしまったとき」などに心配がいりません。また、汗ジミなどの汚れもつきづらいというメリットもあるので、春夏には更にうれしい生地素材です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カノニコ黒無地・濃紺無地セール 去年もご好評をいただきました、イタリア製カノニコSuper120'sを黒無地、濃紺無地の2色限定となりますが、メンズスーツ・レディーススーツとも¥39900のお仕立て上がりでセール価格とさせていただきました。。Super 100's~Super 120'sの細番手の織物は耐久性も必須なビジネス用スーツとしては最適な光沢感をもつ素材として、高級オーダー素材の中では比較的多く見かける糸の太さです。100→120と数字が大きくなるほど、糸の太さは細くなり光沢感が増します。
カノニコは高級服地メーカーの多く集まるイタリア北部に本拠を置く1936年創業の老舗の織元。アルマーニやバーバリーなど高級アパレルがその生地を発注することでも、その品質の高さが伺えます。去年は濃紺無地1色、縫製ブランドはメンズEx-made、レディーススーツのみだったものを、カスタムメイドスーツビスポークスーツでもお仕立ていただけるようになりました。。ダーク調素材人気が春夏も好調なようですので、黒無地、濃紺無地は1着は欲しい色だと思います。。無地だけに比較的コーディネートも楽^^
「シルエットはクラシコ、レギュラー、タイトと少なめですが着やすく、ファッション上級者的なセンスの良さが際立つメンズEx-made」、「豊富な無料オプション、10種類ものジャケットシルエットを選ぶことで本格オーダーをお楽しみいただけるカスタムメイドスーツ」「多くのディテールにも対応できる、Pitty Savile Row最高ランク縫製となるビスポークスーツ」それぞれが店長お気に入りの厳選ブランド。。カノニコセール素材はサンプルチップも取り寄せていただくことができますのでお気軽にご依頼いただければと思います。。
イタリア製カノニコSuper120'sを黒無地、濃紺無地の2色限定セール¥39900

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちネットからオーダーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはトレンドです。

次のカテゴリはビジネススーツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ