カレンダー

« 2017年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

オヤジ的スーツのドレスアップとドレスダウン

|
ドゥエボットーニ ネクタイにシャツを着ただけでドレスアップと言われてしまいそう^^ 夏は暑いので、スーツを着るのはお出かけ・ドレスアップするときぐらいだと思うのですが、そのキチンとした身なりで営業成績に差がでます・・と、オーダースーツ屋さんはそっと呟きます^^
ここ数年スーツ、ジャケットのカジュアル化がずいぶんとすすんで、特にスーツを着なくても構わないストリートファッション的な普段着でも、いろいろなジャケットを見かけるようになったのは、ネクタイをしなくても衿もとのかっこ良いドレスシャツが多く普及したからなんだと思います。襟が高く、台襟にボタンを2個配した、「ドゥエボットーニ」なんかがその代表。ボタンダウンやクレリック・シャツぐらいでは、なんとなく抵抗のあった人も、この「ドゥエボトーニ」や、今また注目を集めている小衿のシャツなど、その後のバリエーションも多いです。2穴の「ドゥエボットーニ」や3穴の「トレボットーニ」は、ノーネクタイ専用アイテム。
その昔、クールビズの走りだと思うのですが、「ネクタイをしないおじさんやおじいさんたち」が中央にカメオや、鼈甲、陶製の石などを付けてしていた紐ネクタイ(ポロタイ・ループタイ)もあまり見なくなりました。 実際、普通のレギュラーカラー・シャツにノーネクタイというのは、見慣れていないせいか少々無理がありそうですね。。
お仕事用スーツのドレスアップドレスダウンは、まずシャツ選びから始まりそうです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2011年6月24日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユーロプレッピーでコンサバティブなスタイルを上手に着崩す」です。

次のブログ記事は「こだわりのオーダースーツがもっとも安易なスーツになってしまう頃」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01