カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

有名人のスーツの最近のブログ記事

ダリルホールのダブルジャケット もう忘れてしまったような音楽を、ユーチューブの検索画面や右端の動画候補を見ながら記憶をたどるのはなかなか楽しいです。。当時のファッションなども、こんなの流行っていた・・という懐かしいものもあって、今の着こなしやオーダースーツ的なアクセントに使えそうなものを、自然と探しながら情報収集もできてしまいます。。
洋楽を聴いたのは、やはり80年代当時、中学生の頃が一番で、国内では松田聖子とか河合奈保子などというアイドル全盛。電話リクエストやハガキの応募総数でランキングする「リクエストアワー」のようなものも各局あり、AMラジオなどでも聴いた世代ですね。。 小林克也の「ベストヒットUSA」で聴いた、ホール&オーツの「プライベイト・アイズ」などは衝撃的でした。キレのある音楽がかっこ良く、ふんわりなワンピースに聖子ちゃんカットな日本の音楽シーンに比べると、はるかに大人。ただ、顔だけ見たタレントの質は今よりもずいぶん美少女揃い。男性タレントについて語らないのは、店長の趣味です^^
ホール&オーツが、「プライベイト・アイズ」のPVで着ていたジャケットを今になってみてみると、ダブル2釦の1掛、衿型はノッチ衿というもの。そういえば、こういったデザインのジャケットはショップの店頭でも見かけたこともあったような。どちらかといえばレディースの仕立てで、芯地などをあまり使わず、肩パッドだけ厚めの大きなものが入っているもの。色は明るいグリーン、いまこれと同じようなタイプのジャケットを探すのはなかなか大変ですが、オーダースーツのカスタマイズとしては、2釦のダブルジャケットにノッチ衿を付ければ良いだけのことなので、比較的マイナーチェインジ。2釦1掛のダブルスーツなら、釦位置も低くゆったりめに着こなせるので、春夏向きかも知れません。。タイト傾向ははずせないながらも、リネンスーツコットンスーツで気軽に仕立てるアイテムには、ちょっと挑戦してみたくなってしまうシルエット。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
チェッカーズのファッションスタイル 年末にテレビを見ていると、昔出ていた懐かしいタレントの映像を集めたような番組があり、その中にチェッカーズがいた。店長的には、このチェッカーズや松田聖子、小泉今日子などが活躍していた頃が、ちょうどこういった芸能人に憧れていた頃なので、とても懐かしかったですね。。
このチェッカーズはアイドル全盛の当時、若干硬派なイメージで、スイング感のあるリズムとビートに乗りながらシャウトするR&Bの男性グループ。世界的には、ローリング・ストーンズやアニマルズ、日本的には、久保田利伸や宇多田ヒカル、MISIA、小柳ユキなど、和田アキ子もやはりそうです。
デビュー当時から、チェック柄をモチーフにした斬新な衣装とシャウトする藤井フミヤの歌唱力でちょっと目立っていましたが、いつまでもチェックのひらひら衣装ばかりというわけにもいかなかったらしく、後年はシックな衣装にチェック柄を一部取り入れたような、おとなしめなものに変わっていったように思います。。差し色的にチェック柄をうまく取り入れたファッションスタイルは、ビジネス用スーツにも通じるものがありそうです。。 あまり多くの変化が望めないお仕事用スーツでも、差し色的に、カラードチェックや、多色使いの千鳥格子柄などをオッドベストとしてご利用いただく方法で、着こなしの巾も広がります。秋冬の今の時期なら、ウォームビズを兼ねてソフトでなめらかな手触りのサキソニー地がおススメです。サキソニーは、ツイードと同じ紡毛織物の一種ですが、メリノ種の紡毛の中でも比較的繊維の長めのものを使用して織られるため、ざっくり感を特徴とするツイードとは異なったカシミヤタッチな暖かみのある仕上がりになっています。。 色柄もカジュアル感の濃い素材も多いため、オッドベストとしてはベストなチョイス^^
カノニコ生地サキソニー

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
大沢誉志幸のダブルスーツ 最近ちょっと気になるダブルのスーツ。タイトめなシルエットに釦位置を上げたい傾向のあったここ数年には、見ることの少なかった一番下の1個だけ釦を止めるダブル1掛けのスーツ。下1個だけで止める形なため、当然Vゾーンという胸開きが広くなりゆったりめに着るシルエットが多くなります。。
このフロント釦数が下1個止めのダブルスーツの形には、ダブル6釦1掛ダブル4釦1掛があって、6釦のほうは「ボタンワンダブル」4釦のほうは「ロングターン」という、それぞれ粋な名前があるのは、やはり着こなしが若干ルーズで、色気のあるジャケットシルエットだからなのかも知れません。。ダブル4釦1掛のフロントシルエットを、別名「ロングターン」というのは、比較的知られていて、恰幅よくゆったり着たいダブルスーツなためか、ご年配の方の支持層が多いようです。名前の由来は、きっと下1個掛けのために長くなった衿の返り線が、スキーやスノーボードで大きく弧を描くロングターンの滑走のようだから・・だと思います。。このロングターンの長めの返り線と、巾広な衿型が相性が良く、15年ほど前のイタリア製ルチアーノ・バルベラにそのシルエットを見つけて、気に入ってしまいました。。現在販売中の雑誌などだと、ついつい流行を追ってしまいがちですが、少し時代を遡ったところに、逆に斬新で目うろこなファッション・スタイルを見つけることがよくあります。。
サンプルの画像は、大沢誉志幸が「そして僕は途方に暮れる」を「夜のヒットスタジオ」で歌っているところのスナップ写真。こちらは、ダブルの2釦1掛で、衿がショールカラー(へちま衿)という芸能人ならではの変則パターン。ダブルにへちま衿は、フォーマルスーツではありがちですが、素材が生成りなカジュアルで作ると目をひきます。。 この曲はカップヌードルのCMソングだったのですが、昔はかっこいいCMやってたんですよね・・、今では生活必需品となってしまい、コマーシャルの必要もなくなってしまったんでしょうか。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ナポレオンソロのスーツ ちょうど店長が生まれた頃にはじまったらしい「ナポレオンソロ」シリーズは、当時の東西の緊張関係を背景にしたスパイもので、ジェームズボンドの「007」とか、トム・クルーズがリメイクした「スパイ大作戦(ミッション・インポッシブル)」なども時期が同じ頃のもの。この「ナポレオンソロ」はたまたま子供の頃の生活時間にあっていたのか、よく見ていて、話の筋や主人公ナポレオンソロのキャラクターは、「007」とよく似ている。ダンディーな男前で、女ズキなプレイボーイ、胸もとのポケットチーフや、スーツの袖先から出るシャツの袖口にまで神経が行き届いているような感じです。。
このころにナポレオンソロ=ロバートボーンが着ていたスーツは、相棒のイリヤ・キリアンも似たようなもので、極端に衿巾の狭いもの。肩幅はいまのように狭くはないが、前釦をはめた時には、引きジワが出るほどなので、タイトっぽいですね。。 アンクルという秘密組織の上司的課長はけっこうなおじいさんキャラなんですが、その人は案外オーソドックス気味なシルエットに衿巾も広めなものを着ています。。
昔の生地は今の着心地重視な軽いものに比べ、重くずっしりして丈夫なものが多かったため、バストや袖の作りに立体的に構築された感じがよく出ています。 大昔ですが「ゴルゴ13」のさいとうたかおがコミックにしているらしく、なるほどという感じです^^こういった、ハリの強い感じの仕立てをするには、英国製の生地が一般的には適していると言われています。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
刑事コロンボ ファッション用語で貧乏と名のつくものは、この貧乏ルックぐらいしか見当たらないです^^プア・ルックとかぼろ・ルックなどとも言われるこの若者中心のファッションスタイルは、わざと薄汚れた、穴あきの衣服を着て、新しいファッション・センス的着こなしを作りだしたもの。ジーンズなどの激しくストーン・ウォッシュ加工したものや、オリジナルなカギ裂き、繊維が風化して見えるほどボロボロの大きな穴などがその代表。レディースのボトムスなどには、明らかに視線を意図した穴あきなどもよく見られます。。
よれよれのコートにスーツといえば、刑事コロンボ・・、ちょっと貧乏ルックとは違うような気もしますが、水戸黄門のような視聴者を飽きさせないキャラクター設定に一役かっているのが、このコロンボの薄汚い容貌であることは間違いありません。。犯人は必ず善人の顔を持つ上流階級、経済的にも恵まれ、社会的にも信用のある彼らのそのうその仮面をこの容姿で安心させ、すこしずつ剥いでいきます。「相手は警察だし、へたに警戒して遠ざけるよりも、あの刑事の様子なら心配ない・・、嫁さんがワタシのファンだと言っているし、好意的に扱ってくれるだろう」この薄汚れた容姿で、犯人の懐に入ってしまったコロンボは、あとはしつこい質問攻めで相手をいらいらさせ、事件の真相に迫ります。 やはり、見ためはとても大事で、コロンボとはまったく逆になってしまいますが、店番しているときなど、身なりの良さそうな人が営業にくると、つい身構えてしまう・・、商売柄少々情けなくもありますが、そんなところがあります^^外回り営業でまず一番必要なことは、話を聞いてもらう姿勢を相手にとってもらうこと・・、中にははっきり言えば、「いりません」と即断されてしまうような商品のため、なかなか営業の中身をいわず、いらいらさせられることもありますが、衣服で信用を得られてしまうというのも、営業さん的にはずいぶん楽な方法です^^
たまに、あまりきっちりした身なりにきっちりした髪型、黒の手提げカバンなど持っていると、税務署の職員さんか・・と思ってしまうときもあるのですが^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
原田芳雄 柔らかめな細番手の生地で、少し広いめにとった肩幅をウエストラインできつめにシェイプした、ドレッシーなクラシコスーツ、イタリアンスタイルに仕立てたスーツがとてもよく似合いそうな役者さんでした。「男の色気」というといろいろ種類もあると思いますが、沢田研二のような妖艶ささえ感じさせるキレイな色気に比べて、原田芳雄さんのは、多少うす汚れた、危険なニオイのするもの。常に脂ぎっていて髪も真っ黒でつやつや、体から滲み出したものなのか精気が強く感じられる・・そんなイメージです。
お亡くなりになった71歳という年齢は、まだまだ若いと思うのですが、その71歳という年齢さえ正直驚きで、その分当然自分も年をとっているのですが、葬儀に参列した他の役者仲間の方のお年も、活躍されている現役のイメージが強いだけに、その年齢を知ると余計にびっくりです。
極道の役なら、親分よりも一匹狼的な用心棒、戦国武将なら最後まで旗色を決めず、ハラハラさせるが、最後は味方してくれるような危ない裏切りキャラ。人にいえない過去を持ち、その十字架を背負うことで生まれる影の部分が、その個性により深みを持たせている。ある程度の年齢になってくると、イケメンである必要はまったくなく、渋ければ良い^^ そして酒好きであれば、もっとダンディーで危険な香りがすると思うのですが、お酒を飲めない店長には、そのダンディーなスーツを着て出かけるところが・・・。 年齢を重ねると若いときほどイケメンとそうでない人との差はなくなり、ファッションセンスと自信をもてる個性が大事なんじゃないかと思いますよ^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
華麗なる刑事 「華麗なる刑事」は小学生のころに放映されていたテレビ番組で、当時お茶の間のテレビはホームドラマかこの刑事もの。坂上二郎や鈴木ヒロミツの出ていた「夜明けの刑事」やなぜか塾のコマーシャルの口パクで流れている「特捜最前線」、石原裕次郎の「太陽にほえろ」あとの「西部警察」などもありました。。この「華麗なる刑事」は、ロサンゼルス帰りの刑事・草刈正雄と鹿児島県出身の田中邦衛が新宿の警察署を舞台に活躍するという、見た目的にはそのままの設定の刑事ドラマなのですが、何事にも単純な小学生には、ロサンゼルス帰りとか、最後に草刈正雄が撃つ大口径の拳銃「マグナム44」の一撃で決まるラストシーンなどは、かなりひきつけられました^^ また、あのオープニングのテーマ曲(センチメンタル・シティー)も草刈正雄が歌っているのですが、懐メロなどの番組に出てこないのかと思えるほど、かっこ良く、ドラマ内で愛用している「ギャランラムダ」もスーパーカーブームに匹敵するほど、写真に撮った覚えがありますね^^
1977年というと、ピンクレディーが出はじめたころで、キャンディーズが終わりのころ。フナムシのように面長で、薄い胸板、平坦なヒップ、細いモモからテーパードする足長のパンツ、タックのないノータックパンツ、というのが草刈正雄のスーツスタイル。狭めの肩巾に対して広い衿巾というのも、今にはないバランスです。サックスの渡辺貞夫と一緒に出ていた資生堂ブラバスのCMなども、大人な感じ。喋り方から所作までが全般芝居じみた感じなので、バラエティーなどに出ているのをみると少々はらはらしてしまうのですが、You Tubeなどでアップされた動画などを見ていくと、今よりもずっとスーツの似合う懐かしいメロウな感じを楽しめます。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
菅総理のスーツ 辞めない菅総理大臣ということで、テレビなどメディアに出ることが多いので、スーツを着ている時には、オーダースーツ店の店長としては、普通に目がいきます。新しい今の形のスーツではあるものの、タイトな流行を追いすぎず、しかしタイトめなテイストは入れつつ・・、つまりオーソドックスなおじさんスーツ^^寸法もあっていて、体型に合わせて適度なおじさんテイストのゆとり量をとれば、というようなシルエットだと思います。さすがに生地は良いもののようで、「そんなに辞めさせたいのか・・」をこぶしを振り上げ連呼していた時に着ていた濃紺のスーツは、テレビ映りの良い光沢感。Superという細糸な感じや、モヘアのような金属的、涼しげな光沢感ではなく、繊維そのものの良さからでるツヤと見た!(テレビ映りからの想像です^^)
それと対象的にアナウンサーの着るスーツは、タイトなスーツ。やっぱり今どき流行のパツパツなスーツはとてもかっこ良く見えますね^^最近ご注文をいただくことの多いトラッドスーツなどの傾向からも、すこしゆったり傾向も出ているような気もして、仕事がしやすいっていう意味では、合理的にアメリカナイズされたアメトラスーツも、たまにはいいかも知れませんよ^^
ブリティッシュスーツが、ボリューム感のあるバストから少し着丈を長めにとって、シェイプドされたウエストラインをより強調するようなドレッシーなスーツなのに対して、トラッドスーツは、胸を立体的に構築するためのものでもある胸ダーツを入れないボックスシルエット、パッドは極力薄くし、フックベント、伏せ縫いは丈夫です。体に沿わせかっこ良く見せるための技術的な工夫を排除して、合理的に着心地重視なスーツという面がトラッドスーツにはあると思うのですが、着心地の良いスーツなら、粘り強くお仕事も頑張れるかも知れません^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
セクシーでダンディーなスーツ日本テレビ系列であぶない刑事が放送されていたのが、1986~87年のことだそうなので、今からもう20年以上も前。ついこの間のように・・、というのが20年も前というのは少々問題がありそうです^^ いろいろ思い出してみると、セクシーなのが大下(柴田恭平)で、ダンディーなのが鷹山(舘ひろし)。それぞれの着ていたスーツで印象に残っているのは、セクシーな大下は少々チンピラ風な色目や柄のスーツに、インナーはイタリアンカラーなどのオープンシャツ、ダンディーな鷹山は、シックな色柄素材のベスト付き3ピーススーツ。セクシーな大下はたまに2ボタンダブルや、6釦1掛のボールドルックっぽいシルエットのものを着ていました。 ジャケットもパンツも全体的にはゆったりしたもので、いわゆるソフトスーツ。パンツなどはずいぶんと2タックの上に、タック量も多くモモ巾も太いものになっています。ルーズフィットという言葉を思い出しました。だぶだぶしたゆったりなスーツシルエットなのですが、肩幅、胴回りなどバランスが良く、その人の体型によくあっている(フィットしている)というぐらいの意味。ピッチの広いストライプは、今どきのタイトスーツには不似合い、特に細身のパンツなどに太い巾のストライプは数が入らず、よくわからないものに・・^^ゆったり太めなシルエットのたるみ感の中に、見え隠れするチョークストライプ、ダブルストライプ、更に目立つロンドンストライプもセクシーなスーツには馴染みます。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ザッケローニ監督・ダンヒルスーツ 昨日のキリンカップサッカー2011、日本×ペルー戦。リアルなサッカーファンというよりもウィニング・イレブンに熱くなった、どちらかといえばプロ野球ズキなのですが、なんとなく見ていたテレビに、試合場に入場するためにバスを降りてインタビューに答えるザッケローニ監督のなかなか決まったスーツ姿に目が止まりました。
単純にイメージでしかないのですが、イタリアのオヤジはみんなジローラモのようにチョイ悪オヤジなのでしょうか・・、ザッケローニ監督もファッションには気を配っていた若い頃があったのかも知れません。前から不思議に思っていた、「サッカーの監督は何故、試合中にスーツ姿なのか?」ググってみると、同じような疑問をもった人が多くいるらしく、Q&A的サイトから簡単に答えを見つけられました。ほんと、ネットにつながっていると、便利です。
「スーツでなくても良いのですが、試合後社交場としての席に監督として出席する衣装としてフォーマルなスーツが着られるようになった。」ということらしいです。サッカーは雨でも試合をやるので、スーツを着てずぶ濡れになっている監督の姿は、なかなか不自然。岡田前監督が1998年のフランスワールドカップの時には、ジャージを着ていて「なぜスーツを着ないのか?」とバッシングにあった事もあるそうですね。。
ザッケローニ監督はイタリア人初の日本代表監督とあって、数あるイタリアの有名ブランドからスポンサーに名乗りをあげるオファーが多数あったようですが、日本サッカー協会はは2000年より、イギリスの老舗高級ブランド、アルフレッド・ダンヒル社からスーツの提供を受けるスポンサー契約をしています。しかし、ザッケローニ監督にはダンヒルのスーツがとてもよく似合っていて、イタリアのメンズスーツのブランドはとても残念そう^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


Call Center Outsourcing services | transcosmos America

Call Center Outsourcing | transcosmos America is a leading provider, offering comprehensive customer service outsourcing to keep you connected with your customers.

Webマーケティングサービス トランスコスモス

Webマーケティングの調査企画・設計から実査、分析。Webマーケティングを始めとした様々な手法を活用してお客様企業の幅広いニーズに対応いたします。

コンタクトセンター・カスタマーセンターならトランスコスモス

コンタクトセンター・カスタマーセンターの構築・運営ならトランスコスモス。コンタクトセンター・カスタマーセンターの業界最大手ならではの信頼と実績のサービスをご提供いたします。

リコール対応製品ならトランスコスモス

リコール対応製品ならトランスコスモス。リコール製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩などの緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち有名人のスーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは昔のスーツです。

次のカテゴリは背広についての雑学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ