カレンダー

« 2017年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

ナポリ仕立てに特徴的な雨降り袖

|
I雨降り袖 アンコン仕立てというと、芯地・裏地・パッドなどを省き、軽く着やすいソフトな仕立てのことを言うのですが、これに、「雨降り袖」といわれるナポリ仕立ての特徴的なシャツ袖仕様が加わるとさらに着心地の良さは増します。この「雨降り袖」は「マニカカミーチャ」と呼ばれていて、ワイシャツやジャンパーなどがそうなっているように、袖の縫い代を外側に倒すように縫製することで、袖ぐりを広く取っています。また、袖山にはいせ(いせ込み)という平面の生地を立体的に形作る縫製技法を使用し、さらにゆったりした袖回りの作りになっています。 裏地・芯地・パッドを省いた仕立てというのは、それだけ軽く通気がよく、仕立てそのものが春夏に向いたものだといえると思いますが、その羽織る感覚で着ることができる着心地の良さから、裏仕立てを冬の裏仕立てである総裏仕立てとするなどして、夏だけでなく秋冬にもご着用いただく方が多いです。初めてこの「雨降り袖」のジャケットを着たときには、オーダースーツにしてはあまりフィット感のある仕立てではないので、少し物足りないような、気持ちがしないでもありませんが、鏡にうつった時のそのシルエットは、テーラードのスーツそのもの。芯地・付属も必要最小限のものしか入っていませんので、手の上げ下ろしなど軽さもあってかなり楽です。ジャケットをきたときに、電車のつり革につかまると洋服が全部ついてくる・・・などということは、まずありません。春夏ならカジュアル素材はもちろん、ウール素材でのクールビズ、節電ビズにおススメ。生地そのものが厚くかための秋冬素材なら、よりビジネス向きに着ることができると思いますよ。。
Pitty Savile Rowでは、ナポリクラシコスーツとしてご案内しています。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


このブログ記事について

オーダースーツ Pitty Savile Row
オーダースーツ レディース
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ファッションブログへ

このページは、Pitty Savile Rowが2011年5月 9日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャケパンとジャケスラ」です。

次のブログ記事は「クールビズ・節電ビズにはジャケットのメッシュ裏地」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01