カレンダー

2012年3月アーカイブ

cotton_jacket01.jpg ジャケパンスタイルとしてご案内させていただいてほうが良いのかも知れないコットン素材ですが、オーダースーツ店の店長的にはコットンジャケット・・というよりも、自然とコットンスーツという言葉が先に出てしまいます。。カジュアルスーツに分類されるコットンスーツも、テーラードなしっかり仕立て、ビジネススーツに準じたディテールオプションなどとすれば、いまどきのドレスコードでは十分ビジネススタイルに^^そして、コットンスーツやリネンスーツなどのカジュアル素材で仕立てたスーツのお仕事用ご着用時、欠かすことのできないのが生地の上質感。ある程度、生地の上質感がないとサイズはあっていてもだらしなく見えてしまいます。
仕立ての良さ、ウールスーツ同様のフィット感、生地の上質感がそろえば、コットンスーツだけでなく、クールビズウォームビズ向きな素材も自分を表現しやすいファッションアイテムとしてコーディネートの巾も広がります。。
コットンスーツを夏仕立てとするときに、まず店長も悩むのが裏仕立てを裏地を付けない「広見返し」とするか、それともメッシュ、極薄裏地など風通りの良い裏地を付けるか。 オーダースーツらしい「広見返し」という裏仕立ては通常見返し(ジャケットの内側・スーツ生地と同じものがついている部分)に続く胴裏地の部分まで、スーツ生地が付いているもの。見返しの部分が広いので「広見返し」。裏地をつけておいたほうが良いだろうか・・、と迷うのは、メッシュや極薄裏地を付けておけば、服内の摩擦が軽減され動きやすい・・というところから。「広見返し」には、一般的には袖裏地がつきますが、ご指定で袖裏地なしという縫製仕様も対応可です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ライトベージュ・コットンスーツ 春夏シーズンに一番身近なカジュアル素材といえばやはり、コットン。サイト運営のかなり早い時期から欠かさず掲載させていただいております人気素材です。この春夏シーズンは、ベージュ系を中心に、ビジネス向きな濃紺やブラック無地、4ミリ巾ほどストライプ、しぼが涼しげなシアサッカーや、ネイビー×白、グレー×白の細巾コードレーンタイプのものまで。。また、コットンは吸湿性、通気性に優れた春夏素材であるとともに、その繊維の中空構造から秋冬には保温性効果もあるため、オールシーズンタイプとしてご用意させていただいております少し厚めな生地でお仕立ていただくと、年間を通したご愛用アイテムとしてご着用いただけます。。
また、これら掲載生地はその全てどれもがサンプルチップとしてお送りさせていただくことができますので、ベージュ系の微妙な色違いや、同じ黒無地でも異なる素材感の違いをお手元でご確認いただけます。。
もう12~3年前になりますが、お店に公認会計士か税理士さんのようなサムライ商売(士)の方にご来店いただき、濃紺のコットン、その時にはシーアイランドコットンで上下スーツをお仕立ていただいたことがありました。。夏は暑いのでそのコットンスーツで顧客まわりをされるというご着用方法でのご購入だったのですが、当時としては濃紺といっても素材がコットンでお仕事・・というのは、あまり実用的でなく、自営業、しかもかなり自由なご発想という感じが強かったのを覚えています^^先見も明がおありになったのだということだと思います。。今では、その快適さから普通にカジュアル色の強いコットンスーツ、ジャケットもお仕事用にご着用になる方が増えています^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ズート・スーツをオーダーするには

|
ズートスーツ オーダースーツのお店なので、あまり一般的ではないものの、「テーラードスーツの範囲内でこだわりスーツを仕立てられるか?」というようなお問い合わせをたまにいただくことがあります。。ズート・スーツは1940年代ごろアメリカの若者の間で流行した背広型で、そのシルエットは極端にルーズ、大きな肩パッドを入れたボールドルック、膝まである長い着丈、パンツも太いのですが裾のみは細く絞ってあります。。
数年前にいただいたお問い合わせのまま、お仕立てするには至らなかったものなのですが、作るのにはきっとずいぶんな生地の要尺が必要で、縫製も通常のシルエットでは対応不可、軽い気持ちで作ってみたいというお心構えでは、予想外な出費が必要になってしまいそうです^^
このズートスーツのような一般的なパターンでは対応できないものをお仕立てさせていただく場合、Pitty Savile Rowでご案内させていただいている縫製ブランドでは、ビスポークラインで対応させていただくことになります。。現物スーツのサンプルがあれば一番助かるのですが、画像などからでも縫製可。型紙を起こし、起こした型紙と画像、サンプルスーツ寸法などを凝視しては、過去の経験・知識を総動員し比較検討して、最終的な寸法を決めていきます。。
これに対して、カスタムラインEx-madeスーツは、パターンオーダー。とはいっても、バストなどのまわり寸法は2cmごとに細かく分類され、さらにお客様の体型に応じたドロップ寸法(バスト-ウエストの差寸)のパターンを選んでお仕立てさせていただくことになるので、およそ人型の体型をしている方にはほぼ100%対応させていただくことができる思いますよ。。また、袖丈、着丈など丈寸法やパンツウエスト、モモ巾などご愛用スーツから採寸させていただく基本採寸寸法でのご指定寸法も5ミリピッチで対応させていただけます。。
ビスポークスーツの良い所は、詳細なディテール、デザインに対応できるところと、立体的裁断、芯地・付属をしっかりめに入れるために、包み込むようなフィット感を楽しんでいただけるところです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの肩パッドの厚さ

|
bold_jacket.jpg 肩パッドはジャケットの外側からは見ることはできませんが、不織布やウレタンを素材として作られた半円形などの形をしたスーツのフォルムを形良く構成するための副資材。ショルダーパッドなどともいい、肩線の補正や強調に使われるものになります。。 オーダースーツでは、この肩パッドの量・厚みを厳密とはいかなくても、ある程度調整することができ、それは昔からあるフルオーダー的手法でも体型補正の方法として利用される方法のひとつです。。
肩パッドの厚みを確かめるようにつまんでみると、おおよその厚みがわかります。市販品でもオーダー品でもその厚みはメーカーによってさまざま、またご着用期間に応じて痩せて薄くなっていたりもしますので、「送った愛用スーツ程度の肩パッドの厚みで・・」というような方法では対応可。Pitty Savile Rowでお仕立ていただいたスーツなら、前回スーツ寸法から、5ミリ~1cmの増減で調整させていただけます。
体型補正に利用する場合の肩パッドは、「撫で肩のために貧弱に見えてしまう肩線に肩パッドを増して男らしい肩線に」、「怒り肩のためにつきジワが出る、肩先にジャケットの重量が全て乗ってしまい重く、肩がこる」
強調するために利用する肩パッドは、「ボールドルック調とするために、肩パッドを多く入れいからせる」「パッテッド・ショルダーといわれるスクエアショルダーや、コンケーブショルダーなどを形作る」などのために使われます。 タイトスーツには薄め、クラシコスーツブリティッシュスーツ、トラッドスーツにもそのシルエット専用のパッドが標準セットされていますが、ご着用感改善のために補正用の方法が用意されています。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
ダリルホールのダブルジャケット もう忘れてしまったような音楽を、ユーチューブの検索画面や右端の動画候補を見ながら記憶をたどるのはなかなか楽しいです。。当時のファッションなども、こんなの流行っていた・・という懐かしいものもあって、今の着こなしやオーダースーツ的なアクセントに使えそうなものを、自然と探しながら情報収集もできてしまいます。。
洋楽を聴いたのは、やはり80年代当時、中学生の頃が一番で、国内では松田聖子とか河合奈保子などというアイドル全盛。電話リクエストやハガキの応募総数でランキングする「リクエストアワー」のようなものも各局あり、AMラジオなどでも聴いた世代ですね。。 小林克也の「ベストヒットUSA」で聴いた、ホール&オーツの「プライベイト・アイズ」などは衝撃的でした。キレのある音楽がかっこ良く、ふんわりなワンピースに聖子ちゃんカットな日本の音楽シーンに比べると、はるかに大人。ただ、顔だけ見たタレントの質は今よりもずいぶん美少女揃い。男性タレントについて語らないのは、店長の趣味です^^
ホール&オーツが、「プライベイト・アイズ」のPVで着ていたジャケットを今になってみてみると、ダブル2釦の1掛、衿型はノッチ衿というもの。そういえば、こういったデザインのジャケットはショップの店頭でも見かけたこともあったような。どちらかといえばレディースの仕立てで、芯地などをあまり使わず、肩パッドだけ厚めの大きなものが入っているもの。色は明るいグリーン、いまこれと同じようなタイプのジャケットを探すのはなかなか大変ですが、オーダースーツのカスタマイズとしては、2釦のダブルジャケットにノッチ衿を付ければ良いだけのことなので、比較的マイナーチェインジ。2釦1掛のダブルスーツなら、釦位置も低くゆったりめに着こなせるので、春夏向きかも知れません。。タイト傾向ははずせないながらも、リネンスーツコットンスーツで気軽に仕立てるアイテムには、ちょっと挑戦してみたくなってしまうシルエット。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
fabric_brand.jpg 毎日着るスーツのシルエット、デザインが気に入ったものであることは、短くても数年着用することとなるご愛用スーツとしては大事なところ。。また、それ以上に耐久素材であるスーツを、長く良い状態で着ていただくための工夫もオーダースーツには多くあります。。
パンツジャケットに比べて運動量が多く、その分汗による湿気や摩擦など着ている人には気がつかないところで過酷な状況に置かれています。パンツ用の補強布としての「股シック布、シック布」は、ご存じないかたも多いと思うのですが、パンツをはくときに内側を見てみると、パンツの股部分(後身側)に三角形の布がついているのが見えると思いますよ。。これが通称「シック」で、股ズレ防止用の布になります。これはがっちり体型の方の内股が歩くたび擦れてその部分のみ磨耗してしまうことを防ぐためのもの。当店のお客様の中にも多くこの股ずれに苦労している方が多く、このシックを大判にとか、更に強力にスーツと共生地で付けるなど着心地重視よりも股ズレ防止を重視したご依頼をいただくこともあります。。特に股ズレに苦労されていない方にとっても、この内股部分は傷みやすい場所であることには変わりないので、やはりパンツの補強布としては大事な役目をもっているシックです。。
靴ずれ」は、パンツの裾の後ろ側に付けられる補強布。特にパンツの後ろ側が傷みやすい部分なための工夫で、ここがオーダースーツらしいところは、生地の耳といわれるブランド名・素材名の入った生地端の刺繍部分で作られるところ。ジャケットの内側に付けられる生地タグなどと同様、仕立てられたスーツの生地ブランドがわかり、また刺繍された耳は単純に目立ってきれいなので、うれしいディテールになっています。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
グレンチェック・オーバープレイド どの生地ブランドの生地にも秋冬、春夏シーズン別に必ず収められているグレンチェック。オーダースーツ用生地としてもこれほど有名なクラシックパターンはないと思いますが、比較的街中で見ることは少なく、ファッションに精通した方の多いネットからのオーダーでも多くはありません。。秋冬素材としては若干の起毛感と厚地なテイストで、暖かみがありまたクラシックパターン特有のシックで包容力のある一面を見せてくれるグレンチェックも、春夏素材としては白黒なモノトーンがキレのあるシャリシャリ夏素材に陽ざしを反射させてくれるようなクールなイメージ。
グレンチェックのような柄物は、比較的ネクタイのセレクトが難しくなく、また衿高シャツに合わせるノーネクタイのスタイルにも相性が良いです。。また、上下で着こなす自信のない方も、セパレートなジャケパンスタイルでお仕立ていただく場合、コスト的にもそれぞれジャケットパンツと単品で仕立てるよりも、一緒に仕立てる生地の要尺効率から割安です。
グレンチェックといっても、その柄の形は微妙な違いがあり、グレンチェック柄にプラスされるオーバープレイドな色格子柄が加わるとまたその雰囲気は変わります。気になる生地は、カタログ・サンプルチップで見比べていただくのもおススメ。テーラードでお仕立ていただくシルエット、ディテールをカスタマイズしていただけるオーダースーツで、ご新調スーツのイメージを膨らませていただければと思います^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

個性的なビジネススーツを仕立てる

|
釦穴色糸白色 スーツ用の生地として使用されるウール素材が、耐久性、難燃性が高く、染色がしやすい。春夏は吸湿性、秋冬は保温性があるなど、ファッション性はもちろんですが、制服的なお仕事用耐久素材としての一面の濃いものなため、個性を出すというのは、あまり出しすぎても・・と、職場のドレスコード上、使う方も多いのではないかと思います。。
しかし、学生服でさえ自分で仕立てたり、その着こなしに多くの工夫をする学生さんがほとんどな中、大人が型どおりの標準スーツで・・というのもちょっと面白くありません。。 ネットからご注文をいただく方はとてもファッションに関心の高い方が多く、とくに当店では大手ネット商店街や、ショッピングサイトなどへは加盟せず、ほとんどが検索キーワードから関心を持っていただく方が多いため、余計かも知れませんね。。また、10年近くネットを中心にご注文をいただいているサイト内容やオーダースーツ用のフォームは少しずつスーツマニア的に詳しくなってしまったため、初心者の方には難しいところもあるかも知れないのですが、そんな時にはお気軽にお問い合わせいただければと思います。。 基本的には、オーダーフォームに沿ってご入力いただけば、スーツ各部のデザイン、シルエットをお選びいただくことができるようになっております^^
ほんの少しだけ個性的なビジネススーツへのご提案は、色糸指定の仕方です。。特にご指定いただくことが多い袖穴、袖切羽の色糸指定は、「袖先のみ色指定」「袖先に向けて明るくグラデーション」など。これだと、少しどころでなく目立ってしまうため、大人しめに・・というときには、スーツ生地よりも少し明るめとか暗め・濃淡で差をつけると自然です。。寸法的に「ジャケットの袖丈を短く、シャツカフスを出す」「ウエストの絞りをきつく」「着丈を短く」というのも、既製スーツには対応することが難しいオーダースーツならではの個性的なところです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
water_proof.jpg 日本の高い技術で織られる国産服地の品質はもちろん申し分のないものですが、背広文化の長い英国、イタリアを代表する欧米諸国の服地、なかでも高級ブランド服地というものの品質には特別なものがあります。。ただ、国産品にもいろいろあるように、英国製、イタリア製だからといってもその品質の巾は広く、中でもPitty Savile Rowでご案内させていただいている生地銘柄は、世界的にも名前の知られているいわゆるVIPご用達。Super表示の細糸で織られた繊細でなめらか、光沢感のある生地や、原毛段階から品質を厳選され徹底管理のもと生産される毛織物です。
ここ数年多く生地表示に見られるようになったナチュラルストレッチは、ウール100%や混紡素材などの生地品質はそのまま、織りだけで伸縮性を出したもの。タイトなスーツに限らず、動きやすさを自然にサポートしてくれます。「ストレッチというとなんとなく抵抗が・・」「スーツ生地は伸びなくてもいい・・」という方にも、見た目、風合いはまったく通常のスーツと変わりがないので、その機能性だけ便利にご利用いただければと思います。。
英国製GLOREX(グローレックス)他に取り入れられている撥水加工は、スーツ生地に水分が染み込まないようにはじいてくれるハイテク加工。「梅雨時の足元」や、「コーヒーをこぼしてしまったとき」、「ごはんのつゆが飛んでしまったとき」などに心配がいりません。また、汗ジミなどの汚れもつきづらいというメリットもあるので、春夏には更にうれしい生地素材です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットを脱いでもかっこいい

|
アームバンド 寸法を微調整ジャケットのシルエット、その他ディテール・デザインも気に入ったものでお仕立ていただいたオーダースーツは、愛着もあってスーツをかっこ良く着こなしていただくための必要な条件を全て揃えているものだと思うのですが、室内でジャケットを脱いでもかっこ良いのは、春夏シーズンには気を使うところ。。
シャツ、ネクタイ、もちろんジャケットもひとつずつ吟味された上質のものでコーディネートするのはセンスも良く、印象も良いものだと思います。。また、いまどきのティーンズファッションのように、それぞれのアイテムにはそれほど金額をかけず、個性的な着こなしというのも別の方法です。。いわゆる小道具というもので、店長も一時期、スーツ的小物アイテムを代表するサスペンダー、アームベルト、タイピンカフリンクス、メガネはロイド眼鏡、香水はタクティクスというフル装備な時期がありました。。思い出してみればシルバーの指輪までしていたような・・、なにか人とは違うもので着飾りたいファッション感覚に目覚めてしまった頃なのかも知れませんね。。高いものは購入できないため、またそういった生活環境にもないため自然と揃ったアイテムを、お出かけ時にひとつずつ装着するのにも、なかなか時間がかかり、なんとなく子供のころに見た、戦闘態勢に次第に変化していくロボットのように思えてしまった時には、冷めたものが・・。。
なんでもやりすぎはダメなので、差し色的アクセントに使うのが上手な使い方なんだと思いますよ。。こういったスーツ的小物アイテムは、ブリティッシュスーツと相性の良いものが多いというのが感想です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

モヘアの混紡率で考える春夏スーツ

|
モヘア混グレイスーツ モヘアが春夏用のオーダースーツ素材として、見た目は高級感があり、快適な着心地を与えてくれる素材だということは多くの人に知られていることだと思いますが、同じモヘア混の素材でもその混紡率などを見てみるとさまざま。混紡率の違いによって生地の風合いも若干異なるものになります。。
モヘアは、アンゴラ山羊から作られる夏素材。代表的な平織りの梳毛地で、原産国トルコのほかアメリカ・テキサス州、南アフリカが主産地。現在ではモヘア素材とされるものは、アンゴラ山羊から産するものばかりでなくアンゴラ兎の毛のほか、繊維の太さ・光沢感など類似のものも含めてモヘアと呼ばれることが多くなっています。涼しげな金属的な光沢感、強い腰のある素材のため、春夏の薄物素材には最適とされています。。
このモヘア素材をビジネススーツには必須のウール素材と混紡するのには意味があり、お互いの長所短所を補い合わせるため。モヘアは、高い通気・吸湿性と強い腰・ハリ、そのために若干生地のしなやかさに欠けるというところがあり、ウールは湿気を含むとシワになりやすいが、生地をしなやかに保つという点でモヘアを補います。。モヘア、ウールにはこれら特徴的な性質を生かすために混紡されるものになるため、着る時期やご着用目的によってその混紡率を見るのはなかなか大事。。見た目でも、モヘアのほうがウール素材よりも繊維が太いため、織りの粗いざっくりとした風合い。Pitty Savile Rowで掲載させていただいておりますモヘア混素材でも、10%程度では若干織り目も粗い程度、3~40%程度では明らかにモヘアの繊維の太さも目立ちます。盛夏用とするならモヘアの混紡率は多め、春夏兼用とするならモヘアの混紡率は10~20%程度までが目安。秋口までご着用になるご予定なら、モヘアが混紡されたものは避けたほうが良いと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

オーダースーツ的外商営業のススメ

|
セールスマン オーダースーツは生地サンプルとメージャー、名刺と寸法帳があれば商売になってしまうため、古くから外商営業を取り入れてきた業種。。店長も、けっこう外商はやりました^^仕立て屋稼業などというものは、専門的な技術や知識が必要で仕事が細かく、効率が悪く、しかもスーツのお買い上げ単価は昔に比べて下がってきているものなので、余程一生懸命やらないと。しかし、営業は商売の基本中の基本、商品を作る製造ももちろん大事ですが、ものを売るという営業の力のある人なら、平たくいえば食いっぱぐれがないというか、潰しが一番きくのではないかと思いますよ。。
この春先、新入社員さんが初々しくというような光景を見かけると、なんとなく入って声をかけるのさえためらわれてしまうような、立派な会社の前で二の足を踏んでいた頃の、外商経験の浅いころを思い出してしまいます^^今日は、春らしい陽気なのでそんなかわいげのある気分にさせてくれるのかも知れませんね。。
店の営業中も、いろんな営業さんが飛び込みで入ってくることがあります。名前を聞いたことのあるような大手の営業さんは、正直あまり上手だとは言えません。。逆に、小さな商品を一生懸命売っているような、アルバイト待遇のような営業さんは売るのが上手ですね・・。きっと、ひとつ売るといくらのマージン的な現実味のある給与体系と、名前で売れない販売先での厳しい状況が、必然営業力を磨くのだと思います。。 今では大きくなった会社も、「その昔は天秤棒をかついで営業先まわりをして大きくした」など、やはり会社を左右する営業力。。
最後は、大事な営業先ので着こなしには、当店のかっこ良いオーダースーツを・・と営業で締めくくります^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
Cleric.jpg ノーネクタイのビジネススーツやジャケパンスタイルに合わせるシャツは、衿腰が少し高めだと、寂しくなりがちな首元が少し賑やかになります。。シャツ衿の釦穴を色糸で飾ったり、衿元の釦を2個とするドゥエボットーニ、衿腰が高くなるため剣先の遊びを防ぐ目的もあってかボタンダウンの形のものなどはよく見かける形です。
春夏のスーツスタイルに少しのアクセントをひと工夫するために有効なアイテムとして、クレリックシャツというのも一つの方法です。クレリックシャツは、衿とカフスを身頃とは異なる白い生地を使用して作られたドレッシーなシャツの代表格。ドレスアップ度が高すぎて普段のビジネススーツ用にはちょっと、敬遠してしまいがちなところもありますが、このクレリックシャツの利点は、身頃・袖の色柄が多少派手めなものでも、衿・カフスの白がシックにまとめてくれるところ。衿はすぐそれとわかるクレリックシャツ。ジャケットの袖先からのぞく白色カフスもなかなかファンシーです。
まだまだ少々肌寒い春先の外出時には、取り外しも便利で持ち歩いても邪魔にならないアスコットスカーフ機能的なアイテム。衿腰が高めのシャツの衿元に軽く巻きつけるだけで、カジュアルな装いもドレッシーなものにしてくれます。また、春らしいカラーのジャケットの胸ポケットにはカラードチーフをさりげなく。品良く配置するためには、ジャケットと同系色、色のトーンも合わせておくのがおススメです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
キュプラ裏地 シルクのような光沢とすべりの良さ、なめらかさから着心地が良く高級感のあるスーツ裏地として愛用される方も多いキュプラ裏地。見た目が良くきれいな光沢感のある発色の良い裏地は、ファッション性も高いです。。キュプラ裏地というと、特徴的な風合いが目立ちますが、機能的にも高い通気性・吸汗性を持つことから衣服の中の蒸れ防止に役立つことが知られており、春夏用のスーツにも適した胴裏地。秋冬用なら静電気も防止してくれます。これから暑くなるシーズンに向けて、オールシーズン用の裏仕立てとなる「背抜き仕立て」、夏仕立てとなる「半裏仕立て」などを含め、胴裏地そのものの材質をご検討されるとき、「薄物裏地では夏寄りにスーツになりすぎる・・」とお考えの方には、このキュプラ裏地がおススメです。。
キュプラ裏地は、コットンリンターといわれる綿実の表面に密生している短繊維を原料とし、これを銅アンモニア溶液の溶かして、酸性の水中に押し出すことで再生させ、紡糸することで作るセルロース系の繊維のこと。専門的には難しいところですが、原料が綿花を採取した後の綿実の一部分ということで、コットンと似た性質を持つものということもうなずけます。。
オーダースーツの場合には、スーツ表地に合わせてキュプラ胴裏地も豊富な色柄の中から選ぶことができ、また胴裏地に加えて袖裏地も同じキュプラ裏地を使用することで、その快適な着心地も増します。(ご希望の場合には、袖裏共取りとご指定下さい。)

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
クラシコイタリアスーツ いまでは、クラシコスーツはビジネススーツの基本スタイルとして一つの分野となっていますが、Pitty Savile Rowをサイト運営させていただくようになった当時から注目されはじめた、このクラシコイタリア調のスーツスタイルには店長的にはひとしおの思いいれもあり、Pitty Savile RowのPittyは、その毎年2回イタリアのフィレンツェで行われる高級メンズ服の見本市、ピッティ・イマジネ・ウォモの当て字にしたほど。。
そのためということでもないのですが、Pitty Savile Rowでお仕立ていただくことができる3つのメンズ縫製ブランドのうちすべてのラインで、クラシコスーツをお仕立ていただくことができます。。「このクラシコスーツには、どのような違いが・・」という、お問い合わせをたまにいただくことがあります^^
クラシコスーツの基本は、「ゴージ位置・角度ともに高め、胸ポケット位置・釦位置も高め、高めでシェイプされるウエストライン、ウエストから裾にかけて自然なフレアするドレッシーなシルエット」これら条件を全て満たした上で、カスタムメイドスーツは「洗練度の高いきれいなお仕立て上がり」Ex-madeスーツは、「オーダーらしいフォルムと着心地の軽さ」、ビスポークスーツは、「肌に吸い付くと表現しても良いほどに人の体型に沿ったフィット感」比較的決められたパターンでご案内させていただくことが多い、カスタムメイドとEx-madeでは、ほんの少しEx-madeのほうが胸ボリュームがあるという着心地感の差があります。あとは、対応できるオプション類の違いや、全体のお仕立て上がりからの雰囲気などで、決めていただくことになります。。
クラシコスーツ好きのお客様の中には、一通り全ての縫製ラインをご経験になるという方も多く、なかなか一言では語れない奥の深さがあって、それもオーダースーツらしく楽しめるところです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

スーツの袖先をおしゃれに着こなす

|
ジャケットの袖フレア スーツの袖先の作り方のバリエーションはとても多く、こだわりの着こなし方などもファッション雑誌などにも多く紹介されています。。「袖は当然、本開き・・」などと言われてしまうと、そこまで・・とは思うものの、袖先の作り方は、スーツのディテールの中でも目立つ部分、なにより自分の目に一番つくので、自然とオーダースーツ的なカスタマイズの中でも力が入るところなのは確か^^
袖先釦の釦はずしのテクニックでは、「4個釦の一番先端のみ開ける」「4個釦を1個飛ばしで止める」などは、メンズファッションの大御所といわれる人たちのコダワリらしいです。。正直、これぐらいなら、誰でも思いつきそう・・なところですが、ファッションは言ったもの勝ち、早いもの勝ちといったところもあるのかも知れませんね^^
今年の春夏スーツで是非お試しいただきたいのが、ジャケットの袖先シルエットをフレアとするもの。この袖巾を標準的なものより少し広いめにとる、袖フレアはメンズEx-madeレディーススーツ限定。フレアの種類は若干開き具合が抑えめな「セミフレア」、と「フレア」の2種類で、「セミフレア」は標準的な袖巾に対して+1.5cm程度、「フレア」は+2.0cm程度。オプション料は+¥1,575と、本開きとするよりも安くて目立ち度は高いと思いますよ。。もちろん、袖本開き袖重ね釦との併用も可。袖先フレアはエレガントなシルエットを作り、開放感もあるので、春夏用スーツとして少し軽めのコーディネートをお考えの方には相性の良い袖先デザインです。。合わせるシャツの袖をWカフスとすると、さらに絵的におさまりが良い感じ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

衿穴にさすカーネーションの色

|
ラペル穴・ブトニエール ジャケットの下衿に付いている釦穴は、ずっと以前には衿を立て反対側で止めることで、防寒用の役目をするために使われ、ミリタリー調のジャケットには、風の吹く方向によって打ち合いを変えることが出来るようになっている両前仕様のものもあります。。ビジネス用のスーツに付いている衿穴(ラペル穴)は、飾りで実際に使われることは少なく、使われる場合でも、身分や所属、学年などを示すための衿章として。
また、この衿穴は別名フラワーホール(ブトニエール、ブートニア)ともいわれ、式典やパーティー会場などで、薔薇やカーネーションをさすために使われます。これら公式イベントなどで差す花は、着用している礼服の種類によって異なり、夜の準礼装タキシード着用時には赤のカーネーション、夜の正礼装燕尾服着用時には白のカーネーションが正しいとされています。これら式典にカーネーションをどうして付けるのか・・というのは、よくわからないのですが、カーネーションが、イエス・キリストが十字架にかけられた際、聖母マリアが涙を流した後に咲いた花・・という、かなり厳かな由来から来ているのかも知れませんね。。母の日にカーネーションというのは、この聖母マリアの涙からこの花が母の愛の象徴に結びつくためということらしいです。。
花を差す機会は少ないですが、ラペル穴は紳士が飾るための数少ないアクセサリーを品良く生かせるアイテム。ご注文の中には、オーダースーツらしく、「衿穴の数を増やして平行に2個3個付ける」とか、「衿穴のかがり糸を指定の色糸に・・」というのは、比較的ポピュラーです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
marcello01.jpg シルク混紡の素材などというと高級感ばかりが先走り、そのケアの難しさ、普段使いのビジネススーツには不向きな印象を受けますが、おじさん臭くいえば、シルク(絹)は「繊維の女王」と言われるようにその見た目の優雅さ、しなやかさに加えて機能的に優れたところも多くもつ素材。衣類として使用される場合には、「吸湿放散性」「生体順応性」「保温性」「保湿性」「吸気性」「難燃性」などの長所があり、パジャマ用の素材にシルクが使われたりするのにも、就寝時の汗・湿気や保温性に高い効果があるため。。
シルクブレンドのウールは、ウールにシルクの持つなめらかな肌さわりが加わり、高級感のある軽くしなやかな着心地。比較的細番手のウール繊維と混紡されるため、その光沢感もひときわです。。また、ウールだけのときよりも、高い吸湿性をもちますので、シルクウールは春夏用素材にも最適です。シルクウール100%のサッカー地ジャケットなどはジャケットのみで7~8万程度の高額なものが多いのですが、「涼しげなサッカー地+光沢感のあるシルク+高い吸湿性」から、究極の春夏のオーダー素材というところもあります^^
これに比べて、春夏では定番といわれる涼感モヘア混素材は、湿気に強いモヘアのシャリ感・弾力性が湿気を含むとシワになりがちなウールの弱点を補完し、また逆に太目の繊維から若干しなやかさに欠けるモヘアの性質を、ウールのドレープ性がフォローするという相性の良い関係となっています。。
この春夏シーズン、Pitty Savile Rowでは、シルクブレンド、モヘア混素材の両素材を収納するMarcello Massarente(マルチェロ マッサレンテ)をご掲載予定です。。Super 110'sで織り上げられるこの素材は、カタログ冊子としてお手元でご確認いただけます。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
navy_bluetie.jpg ネイビースーツに白のカッターシャツは、お仕事用ビジネススーツとしては間違いのない定番、不滅のコーディネートですが、白基調のジャケットVゾーンは、冬の寒々しい景色の中ではいかにも寂しげ。寒色系ネイビーのスーツ表地との組み合わせではその印象は更に増してしまいそうなところです。。逆に、この白基調のコーディネートは春夏には向いていると言えそうです。夏の強い陽ざしにも映え、清潔感・透明感の象徴的なネイビー、白はリクルート用スーツは新入社員さんの1着目のスーツとして、ご年配の方には若々しく、またネイビーがもっともオーソドックスなスーツの色ということから、安定感を印象付けるという効果も見逃せません^^更に、シルバーや白をストライプ柄などとしたネクタイなどの小道具使いで、その涼しげな感じはよりいっそう。。
秋冬イメージなダークスーツでシックに、春夏には少し明るめな色使いでアクティブ感を出してみるのも、いまのシーズンならでは。。タイトなダーク系スーツは着用者を引き締めて見せるかっこの良いものですし、トレンドなので外しづらい方には、「遠めで見たらダークスーツ無地だけど近くで見れば、目立たないヘリンボンだったりピンチェックだったり」と、スーツ生地に少しの変化が見られるようなものは、薄手・光沢感のある春夏生地の中でも快活な持ち味があるのでおススメです。。柄ミックスもビジネスに重点を置く場合には、あまり柄が大きくなるとカジュアルっぽくなりすぎるところは要注意です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
tattersall_check.jpg ダーク系のスーツにシックな装いのカッターシャツを合わせる時には、あまり考えなくても良くおしゃれに見えてしまうドビーストライプやドビーチェックの織り柄や、せいぜいが小紋柄、ピンストライプなど無地に近いようなものを選んでしまうことが多いと思います。。お仕事用なので、やはり選べる範囲は制限されてしまうとはいうものの、ジャケットを脱いでいることも多い春夏シーズンには明るめで少し主張の強いものにも挑戦してみるのがおススメです。
店長的には長く着ることが予想されるオーソドックスな色柄のものは上質を心がけ、試しにとかちょっと背伸びして・・というような色柄は、比較的安価なものを選びます。 「グラフチェック」は方眼紙のように、白地にブルーやグレーなどの方形格子が規則正しい間隔で入った格子柄のことで、ビジネススーツに合わせるシャツとしては馴染みがあります。「エンドオンエンド」は刷毛目柄ともいわれるように、極細の白糸と色糸を交互に配列して織り上げたパターンで、春夏シーズンには白糸・ブルー糸の組み合わせが雰囲気です。「タッタソール」は地色に対して対照的な2色の格子を等間隔で交互に配列したパターンで、馬にかけた毛布の柄に由来するため「乗馬格子」とも呼ばれるもの。タッターソールはロンドンの馬市場の名前で、創設者のリチャード・タッターソールからきている。 太く鮮やかな縞が特徴的な「ロンドンストライプ」は地色と縞目が5ミリ~1cm程度の等間隔で交互に並ぶもの。これよりも巾が太くなる「ボールドストライプ」は1.5cm~3cm程度の巾となります。ボールドはあのボールドルックと同じ、「大胆な、目立つ」とかいう意味になります。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
シアサッカースーツ シアサッカーは、織り方の名称でその昔はで作られることが多かったようですが、現在ではコットンがそのほとんどで、シルクを素材に高級なものも見かけます。このシアサッカーは、しじらといわれる縞状のしぼが入った凹凸感のある生地表面をしているため、肌との接地面が少なく着ていて涼しく、夏用コットンで作ればコットン素材の高い吸湿性・通気性を生かした清涼感のあるアイテムとして春夏用としては最適。。サンプルのように細い縞目のコードレーン、ブルーと白のコントラストはもう夏そのものです^^
Pitty Savile Rowのオーダースーツでは、1ミリ巾、4ミリ巾とストライプ巾の異なるコットン・シアサッカー素材をご用意。1ミリ巾ストライプのものは、サンプルのネイビーのほかグレー。いわゆるカジュアルスーツといえるような、カジュアル素材で仕立てた上下スーツといえるもの。ジャケパンスタイルとしてご着用いただく場合には、それぞれの上下アイテムを異素材ジャケットパンツと組み合わせることでコーディネートの巾が広がります。
タイトスーツは現在のトレンドから外せないところですが、快適に涼しく夏を過ごしたいときにはやはりジャケットにはある程度のゆとり量は必要です。タイトスーツはすでにフォルムがタイトなシルエットでかっこ良くできているため、そんな時にはシルエットがもともとゆったり、まわり寸法などのゆとり量も多めにとられているトラッドスーツ。胸ダーツをとらないボックスシルエット。夏のご愛用ジャケットの1着に、清涼感のある素材で仕立てると便利だと思いますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

涼しいスーツ

|
広見返し スーツは衣類なので季節感も大事。。いまのシーズンは昔から梅春ものといって、秋冬から春夏物に向けてのほんの一時期、合い物とも言われるスーツが店頭には並びます。。素材はモヘア混の若干厚地のものだったりすることが多く、せいぜいが着ても1ヶ月程度。礼服よりは着用頻度が多そうですが、お仕事用スーツとして分けて着るにはなかなかのぜいたく品。温暖化などの暖冬傾向から、秋冬物が薄くなってきているため、今どきの時代背景もあってかぜいたく品な合い物は自然消滅な感じです。合い物がオールシーズン(スリーシーズン)という意味では、そういった生地は多くなっています。。
これからの夏に向けての涼しいスーツの条件は・・と考えてみると、やはり「着心地の軽さ」「ドライタッチな生地の表面感や肌さわり」「清涼感のあるカラーリングと柄」がまず上げられます。
「着心地の軽さ」では、アンコン仕立てが一番だと思いますが、お仕事のドレスコード上若干抵抗がある方には、裏仕立てを「広見返し」とするのがおススメです。裏地のほとんど付かない軽い仕立てになるので、夏向きスーツには最適。裏地を付ける場合でも、「着心地の軽さ」という意味では「メッシュ裏地・極薄裏地・軽量裏地」というものは通気性が良いのに加えて、ジャケットそのものの重量を軽くもしてくれます。。 「ドライタッチな生地の表面感や肌さわり」では、やはり一番身近な生地素材はコットンが上げられると思います^^ そのなかでも・・、to be continued

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シャツの衿型その他デザインなど

|
袖先からシャツのカフスを出す お仕事用スーツに合わせるシャツの衿型はある程度限られているものの、ジャケットシルエットに応じて向いたものと不向きなものがあります。カジュアルテイストな色柄のジャケットにはスポーティーなボタンダウンの衿型、ネクタイはプレーンノットで結び目は少しきつめに小さめにシャープな印象で締めるのがおススメです。。
クラシコ系のゴージ位置・ゴージ角度とも高く、クラシコ的標準仕様の衿巾も少し太めにできているスーツには、ワイドスプレッドのようにゴージャスな雰囲気をもつシャツ衿が向いています。ネクタイの結び目は、ダブルノット若しくはウインザーノットで結び目もゆるめな広角衿を作ると良いと思いますよ。。
今どきのショート丈でナロー(狭い)ラペルのジャケットの場合には、剣先(ポイント)の短めな小衿がバランスが良く、ネクタイの巾も細めできゅっと締めたようなものが雰囲気ですね^^春夏には、ニット製のスクエアエンドタイなども表生地によっては相性が良いものだと思います。。
春夏に向けては、シャツに目の行くことも多い時期。ジャケットの袖先からのぞくカフスの種類は大きくわけて3種類。カフリンクスを使用する・しないでその形がわかれます。。カフリンクスをまったく使用しない「シングルカフ」カフリンクスを使用することを前提とし、袖口を二重に折り返した形をしている「ダブルカフス・フレンチカフス」釦でもカフリンクスでも兼用で止められる「コンバーチブルカフ」明るめシャツのカフスがジャケットの袖先から少し見えるのも、春らしいコーディネートです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
cotton.gif ハリとドライタッチな風合いが特徴的なコットンスーツは、吸湿性、通気性の良さから春夏のカジュアル素材ではもっとも身近でなじみのある天然素材です。。生地価格もオーダーで使用されるほどの高品質なものでも比較的手に入りやすいため、「少しだけ時間をかけて、着心地の良いものを・・」「デザインもオーダーならではのものを工夫してみたい・・」というご希望から、オン、オフ問わずお仕立ていただく方も多いカジュアル素材となっています。。
カジュアル素材でスーツ、ジャケットを仕立てる際に、ジャケットシルエットも含めて大きな検討材料となるところが、肩をしっかりホールドしオーダースーツのフィットを楽しめるテーラード仕立てとするか、肩パットや付属類を極力排し、アンコンストラクティブなアンコン仕立て(簡易仕立て)とするか・・です。。テーラードなら、着こなしによってはタイドアップなドレスカジュアルとして、今どきのクールビズ用ジャケパンスタイルにも十分対応することができますし、アンコン仕立てとした場合には、ある程度制限のあるディテールデザインなども、通常のビジネススーツと同じオプション類が全て対応可。 Pitty Savile Rowでお仕立ていただくことができる、アンコン仕立てのジャケットでおススメは、カスタムスーツ専用のナポリクラシコスーツ。このジャケットシルエットは、アンコン仕立て、雨降り袖というシャツ袖仕立てとすることで羽織るような快適な着心地を実現し、見た目にはテーラードスーツ的なフォルムとなるもの。シャツジャケットほどくだけていない、ビジネステイストを残したジャケットという位置づけのものです。。カバーオール(作業着)的に、腰ポケットをフタ付きアウトなどにしてみたい気分です。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ジャケットの裏地と裏仕立ての選び方

|
ナポリクラシコ裏仕立て ジャケットの裏仕立ての作り方には、種類が多くあり最も一般的でオールシーズンに向いたものとされるのが「背抜き仕立て」と言われるもの。これは「前身と背部分の上3分の1程度」に裏地がつくもので、表生地が春夏用、秋冬用素材のどちらに付けてもご着用期間が長くなります。。これに比べて「総裏仕立て」というものは、「前身+背の全て」に裏地がつくもので、秋冬用の厚手のスーツ生地に付けられることが多く、主には秋冬仕立てとされているのですが、春夏素材などに付けて少し肌寒い梅春用のスーツ仕様などにされる方もいらっしゃいます。また、「総裏仕立て」では、服内全体にすべりの良い胴裏地が付けられるため、回転がよく着心地が良さが増すということもあります^^
夏用の裏仕立てといわれる「半裏仕立て」は、「背抜き仕立て」の前身裏地3分の1程度を削って少なくしたような裏地の付け方になるため、その分通気が良く軽さも増します。。 機能的・装飾的な面をもつ、お台場仕立てには「角台場仕立て」「本台場仕立て」「剣先台場仕立て」など違った表情のものなどがあり、これはこれでまた迷ってしまうところ。。 「広見返し」は胴裏地をほとんど使わない盛夏用の裏仕立て、「カバーオール仕立て」は芯地・付属類を極力省いたシャツ袖仕立てが特徴的な「ナポリクラシコ」限定のものとなりますが、軽さ・涼しさでは一番のものなのではないかと思います。。
また、裏地をメッシュ裏地や極薄裏地とすることで、軽さ・通気性を残したまま、服内のすべり、回転を良くするために「背抜き仕立て」や「総裏仕立て」とするなど、裏地の種類とも考え合わせ、お決めいただくのが良いと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
カノニコ黒無地・濃紺無地セール 去年もご好評をいただきました、イタリア製カノニコSuper120'sを黒無地、濃紺無地の2色限定となりますが、メンズスーツ・レディーススーツとも¥39900のお仕立て上がりでセール価格とさせていただきました。。Super 100's~Super 120'sの細番手の織物は耐久性も必須なビジネス用スーツとしては最適な光沢感をもつ素材として、高級オーダー素材の中では比較的多く見かける糸の太さです。100→120と数字が大きくなるほど、糸の太さは細くなり光沢感が増します。
カノニコは高級服地メーカーの多く集まるイタリア北部に本拠を置く1936年創業の老舗の織元。アルマーニやバーバリーなど高級アパレルがその生地を発注することでも、その品質の高さが伺えます。去年は濃紺無地1色、縫製ブランドはメンズEx-made、レディーススーツのみだったものを、カスタムメイドスーツビスポークスーツでもお仕立ていただけるようになりました。。ダーク調素材人気が春夏も好調なようですので、黒無地、濃紺無地は1着は欲しい色だと思います。。無地だけに比較的コーディネートも楽^^
「シルエットはクラシコ、レギュラー、タイトと少なめですが着やすく、ファッション上級者的なセンスの良さが際立つメンズEx-made」、「豊富な無料オプション、10種類ものジャケットシルエットを選ぶことで本格オーダーをお楽しみいただけるカスタムメイドスーツ」「多くのディテールにも対応できる、Pitty Savile Row最高ランク縫製となるビスポークスーツ」それぞれが店長お気に入りの厳選ブランド。。カノニコセール素材はサンプルチップも取り寄せていただくことができますのでお気軽にご依頼いただければと思います。。
イタリア製カノニコSuper120'sを黒無地、濃紺無地の2色限定セール¥39900

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
kene.jpg ブリティッシュ・トラディショナルと比べて使われるアメリカン・トラディショナルなスーツ、アメトラ・スーツ。トラッドファン愛用のスーツといえば、やはりアイビー・リーグ・モデルのスーツです。。アイビースーツは、ジャケットは3釦上2掛け、自然な肩線となるナチュラル・ショルダー、ウエストの絞りのないボクシーなシルエット、角形のフラップポケットフックベント、細めのラペル、シングルステッチ、パンツはパイプドステムといわれる筒状のノータックパンツを特徴とする全体的に細身なものになります。ハーバードなどアメリカ東部の大学生(アイビーリーグ校)に愛用され、培われた伝統的ファッションスタイル。
同様にアメリカ型ビジネススーツとして、広くアメトラ・スーツと考えられているものに、ブルックスブラザースがそれまでアメリカで多く着用されていたスーツのスタイルを基本に自社ブランドとして売り出した「ナンバーワン・サック・スーツ」。サック(麻袋)のようにダブダブしたシルエットは、個人の体型に合わせるオーダーメイドを簡略化し、誰の体型にも合わせられる既製スーツの先駆けとなるものでした。。いわゆる日本的には「Ⅰ型」スーツのことで、シングル3釦段返り、ナチュラルショルダーを特徴とするもの。このブルックスブラザースが原形とした本来の意味でのアメリカン・トラディショナル・スーツはアイビーリーグモデルの元ともなったものになります。。
その後1961年には「Ⅱ型」スーツというものも登場します。胸ダーツを入れないままウエストを若干絞った2釦スーツというシルエットをしています。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
黒のコットンスーツ カジュアルスーツというアイテムはあまり耳にしたことがない、有りそうで無さそうなファッションアイテム。。ジャケパンというのは、オッドジャケット+オッドパンツを組み合わせるコーディネートとして、聞くことが多いです。。カジュアルフライデーをはじめ、カジュアルに着る重衣料のコーディネートを言う場合、この上下不揃いな組み合わせを楽しむことが多いのではと思いますが、カジュアルスーツも気になります。。
10年以上前の古い雑誌に、このカジュアルスーツという項目で、仕立ての良さそうなコットンスーツ、胸と腰にはアウトポケットサイドベンツで更にカジュアル感を演出したような比較的オーソドックスな構成になったものが掲載されているのをみると、スーツというだけあって、当たり前のようですが、カジュアルスーツはカジュアルっぽい共生地で仕立てられた上下一揃いのスーツで良さそうです。。
いってみたら、Pitty Savile Rowでお仕立てさせていただくことができる、春夏ではコットンスーツ、リネンスーツ、秋冬ではフラノスーツコーデュロイスーツベルベットスーツなどが、ひとまとめでカジュアルスーツ。
スーツを含め、オンビジネス、カジュアルの線引きがいまは微妙。カジュアル素材で仕立てたテーラードなスーツは快適性重視なお仕事用スーツとして、その存在感を増しつつ、ビジネス標準のウール地仕立てのスーツも色柄、仕立て方・デザインをトータルでドレスダウンさせることで、オーダースーツならではのカジュアルスーツ的な着こなしを楽しめそうです。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
catalogue_sample.jpg サイトをはじめたばかりの10年ほど前には、カタログ掲載の生地を主にご案内させていただいていたのですが、徐々にサイトへ掲載させていただく撮影画像から生地をお選びいただき、ご注文をいただくオーダーのスタイルに変わってきております。。やはり現在では6~700柄となるお取り扱い生地種類の多さがその原因で、すべてをカタログとしてご用意させていただくためには、なかなか難しいものがあったからかも知れません。。 画像でご案内させていただいております生地につきましては、できるだけの補足コメントやブランド説明など心がけさせていただいているつもりなのですが、実際にお手元で生地を確認したいというご希望が多くなってきましたので、ご掲載生地のうちご検討中の2点をサンプルとしてお送りさせていただくようにいたしました^^
お急ぎの方は、ほぼ現物生地と同様に見える生地画像からそのままお選びいただくと良いと思いますよ。。例えば、「グレー無地や紺無地など比較的プレーンな素材2点を比べて検討したい」というような場合には、サンプルチップをお取り寄せいただくのがおススメです。。現在、ご用意をすすめさせていただいております礼服素材なども、黒ばかりなためお手元でご覧いただくのが良いかも知れません。。
また、20点程度の厳選おススメ素材を収容させていただいております各シーズンの生地カタログ冊子もお気軽にご利用いただければと思います。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
custom_ss02.jpg 3月に入りショップの店頭も春夏ものが多く飾られるようになってきました^^重ね着的にインナーに春夏色のものを加えたり、アウターを少し薄手にしたりするカジュアルとは違い、この時期ご着用いただくスーツはまだまだ秋冬ものですが、急な暖かな日のためのご用意の1着にそろそろお考えいただいても良いのではないかと思いますよ。。
Pitty Savile Rowでお仕立てさせていただくことができる生地の中で、このカスタムライン用素材でお仕立ていただくスーツの場合のみ、お身体の大きな方にお願いさせていただいております「体型増」(着丈・股下80cm超または、肩幅50cm)スーツ基本価格の+10%がありません。
これは大手百貨店の縫製も手がけるカスタムラインスーツ縫製ブランドが、自社縫製工場での受注を前提に、優良生地ブランドの高品質素材を優遇素材として提案してくれているためのもの。。そのため、カスタムライン縫製でしかお仕立てさせていただくことができませんが、「生地代+縫製費用」がかなり抑えられており、コストパフォーマンスが高く、生地要尺が多く必要なビッグ&トールサイズな方のための「体型増し」もお願いさせていただく必要もありません。。
お気に入りの生地素材+10種類ものジャケットシルエットをお選びいただくだけで、完成度の高い本格的なオーダースーツをお仕立てさせていただけるカスタムラインスーツは、オーダー初心者の方にも、お洒落上手なオーダースーツ的上級者の方にも長くご満足いただけるスーツをご提供させていただくことができると思いますよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/
トランスアメリカン スーツのスタイルは大きく分けて、アメリカン、ブリティッシュ、ヨーロピアンの3種類と考えてもいいように思います。。英国は地域的にはヨーロッパの一部ですが、やはり背広発祥の地でもあり、クラシコスーツのように他のスーツが英国スーツを模範としているところから、別格です。。また、このヨーロピアンは主にアメリカン・カジュアルアイビーやカリフォルニアスタイル的スポーツファッションを代表とするアメリカンに対しての対語で、「エレガントな」もの。欧風調からイメージされるエレガントなものはすべてヨーロピアンといってしまったりするので、けっこう範囲は広いです。。
トランスアメリカンと言われる背広スタイルは、アメリカの伝統的スーツスタイル、ここではブルックスブラザースのⅠ型スーツが基本になりますが、これをヨーロピアンなテイストに若干のアレンジを加えたもの。Ⅰ型スーツのシルエットが、胸ダーツなしを特徴とするゆったりめなボックスシルエット、ナチュラルショルダーなのに対して、少しタイトめに釦位置を高くし、胸ダーツを入れウエストシェイプ、裾にかけてエレガントな自然なフレアというところです。。
アメリカントラッドを超越した(トランス)というような、トランスアメリカンのスーツスタイルは、ブランドによってはニューソフトといっているところもあります。アルマーニからはじまるソフトスーツを、ゆったりすぎないルーズフィットなシルエットで仕立てるという感じですね。。「トラッドスーツは好きだけど、今どき風に少しタイトに・・」という方にはおススメなスタイル。お手持ちのアメトラスーツを少しタイトめに、胸ダーツを入れたり寸法の微調整、釦位置を上げるなど比較的簡単な調整でずいぶんイメージが変わって、今どきな好感度もアップします^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/


インターネット広告サービス トランスコスモス

インターネット広告は業界トップクラスのトランスコスモス。インターネット広告企業として、あらゆるメディアの中からクリエイティブ制作から効果測定まで幅広くサポートします。

販売支援サービス トランスコスモス

販売支援をリアルとデジタルのマーケティングを駆使しご提供。販売支援をお客様企業に最適な販売プロセスを構築・サポートすることで、売上アップを実現します。

データ入力サービスならトランスコスモス

データ入力・データエントリー、大量の顧客データを、素早く、確実に、高いコストパフォーマンスで一括処理。データ入力は個人情報保護と内部統制の時代になくてはならないサービスです。

CAD派遣サービス トランスコスモス

CAD派遣はものづくりや建築の設計に欠かすことのできないCADシステムを一括サポート。CAD派遣システムの専用サポートデスクを開設し、お客様企業各拠点からの問い合わせに一括して対応。

MovableType(MT) 4.1 テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.01